芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

実生

現在出品中の「緑宝の縞」について何件か問い合わせが来ています。

ヤフオク上のご質問に関しては回答済みですが、
私の回答をご覧の方が「多重交配」についての質問をされました。

私としては簡単に書いてしまいましたが、なじみのない方には?かと思います。

ブログにも書いた覚えがありますが、もう一度おさらいしておきます。

まずは・・・。

交配により豆葉の縞を作ってやろうと考えます。

当然ですが、豆葉品種と縞品種を交配します。

例えば、玉金剛の白縞を狙って、「玉金剛」*「織姫」としておきましょう。

この交配で出来た木は99%全くの青長葉のフウランです。
織姫柄は出ずに豆葉形状にさえなりません。

これを辛抱して作り込んで花芽を付けてセルフ実生します。

ここまで来ると運がいい場合「玉金剛の白縞」ができます。

運がいいと書いたのは、それほどうまくは事は運ばないからです。

最初の交配木を100本単位で作り込んで種木に使用しても
そこから玉金剛の白縞を産む種木になるのは数本です。

それも上手く豆葉の縞になったとしても、
量ができることは無く、僅か数本しか取れません。
うまくプロトコームが取れればそこからは増殖が可能ですが、
プロトコームの増殖は実生よりも時間と手間がかかります。

それでも種木として数本でも確保できれば大成功です。

ほぼほぼ空振りに終わることがほとんどです。

空振りに終わった木は花時期に「フウラン」として花市場あたりへ直行です。

こういったことを繰り返してきて結果が出ないことに
ほとほと疲れてしまった頃に半ばやけになって
そのF1種木に他の縞品種を交配させてみました。

まあ、なんの縞でも豆葉に出てくれればそれでいいと思いましたので、
縞品種の特定が出来なくなっても仕方ないと考えました。

ただ、それによって縞木には近づいても豆葉の形状からは遠のくことが考えられます。

(交配させて出来た幼苗根は、また花芽が出るまで作り込みます。)

確かに豆葉が出来る数は激減するのですが、
面白い縞が出てくるようにもなってきます。

こうして何回にも交配させて来たものを当園では多重交配させてあると表現しています。

金牡丹交配なんかは何重にも金牡丹を入れてありますが、
いまのところ確実な金牡丹芸になった木は出来ていません。

それでも今年鉢上げした「牡丹錦と金牡丹白縞」の交配種は
なかなかよく出来た特殊な芸になっています。

秋の通販用に残してあるので、またUPします。

簡単ですが、多重交配について書いておきました。

ご質問等ありますれば、お気軽にご一報くださいね。






すっかり朝晩が涼しくなりました。

もうたっぷりと水やりしても平気な気候になりました。

実生苗はもう少し(ほぼ一か月)の間、施肥して管理してください。

そうすることで冬を元気に乗り切れます。

さて、お休みしていた通信販売ですが、そろそろ再開します。

今日から水苔の準備を始めました。

明日から通販用の植え替えなども始めますので、週末頃には数点UPできると思います。

秋の売り物は主に今年の春出し苗になります。

春のボトル出し時に1本植えしてある苗はそのままUPします。

若干苔が汚れてきていて、新しい根も外へ伸びていますが、
春まではそのままの管理がよろしいかと思います。

汚れた苔には夏までの養分がたっぷりと残っていますので、
我慢して植え替えなさらずに置いてください。

それでは今季もよろしくお願いいたします。

黄花「猩黄」に濃いめの紅花を掛けたF2です。

P7060003

黄花ベースに紅が濃くのるいい花が咲いてくれました。

名前でも考えてみます。

P7060017

P7060018

10年掛かりましたが「胡蝶の舞」の実生木に花を確認しました。

大好きな品種なので、かなり嬉しいです。

P6140022

棚に置いておくとパッと見、金牡丹の割子のように見えます。

もちろん芸は出ていません、ルビー根でも無いのですが、何かいい雰囲気の苗です。

何年か作り込んだら化けてくれそうな予感もしますが、欲目かな・・・。

実生を試みる方には面白い種木になってくれると思いますが・・・。

ブログや通販サイトを管理していると自ずと面白いことに気が付きます。

多分、ほとんどのサイト管理者の方は何らかのアクセス解析を使っているはずですが、
時々思いがけないような検索キーワードでサイトがヒットされている場合があります。

一般的には富貴蘭サイトを探している方は、そのまんま「富貴蘭」とか、
「富貴蘭 販売」とか「富貴蘭 作り方」とか入力して検索すると思います。

そんな風に検索すると当園のブログでは、なかなか上位表示されてきません。

SEO対策なるものは全く行っていないからだと思います。

流石に「実生 富貴蘭」と入れると、かなり上位表示されてきます。
既にブログもパート3まできてコンテンツも充実してきているので、
それだけでも十分に上位へ来るのだと思います。

先日、ミヤマムギランの愛好家の方からお便りをいただきました。

内容は「ミヤマムギランは実生できますか?」というものでした。

恐らく、私のブログのどこかの記事に「ミヤマムギラン」の文字が入っていたのでしょう。
検索していたらたどり着いたと言われてました。

簡単にお答えさせていただきました。

もしかしたら同じような疑問をお持ちの方がいるかもしれませんので、
回答をシェアさせていただきます。

当園で行ったことがあるのは「ムギラン」の実生だけです。

何年か前に愛好家の方から「偶然種が出来た!!!」とのご連絡をいただき、
その種を頂戴して撒いてみました。

培地の組成は何が良いのか判らなかったので、そのまま風蘭同様に播種。
順調に発芽したものの、徐々に枯れていきました。

最終的に分かったのは、フウランと同じ移植サイクルではダメということ!

当園では通常2か月に1回のペースで移植を繰り返していきますが、
同じようにやっていたらどんどんと枯れていきました。

どうにか残った苗で1っ月サイクルにしてやってみたら、パタッと枯死が止まりました。

その時の苗の残党が ↓ です。

P3160003

確か素心だったかな~?

花はまだみたいです。
ちと管理が悪いもんで・・・

ムギランが出来るのならミヤマムギランもできると思いますが、
種をいただいたときに聞いた話ではミヤマムギランでは同じように種になったことは皆無だとか・・・。

先日、業者の方とのお話の中でミヤマムギランも需要があるから、実生が出来たらいいな~
との話が出たので、今季は真面目に挑戦してみようかと思います。

当棚にも5鉢くらいは置いてあるので、それを使ってみます。

個人的に「瑞晃」という品種が大好きです。

美しいですよね~斑縞なんですかねアレ。

実際には実生品も存在するようなので、徐々に情報も仕入れてみようかと思います。
何か情報をお持ちの方がおりましたら何でも結構ですので、教えてください。
よろしくお願いいたします。



↑このページのトップヘ