芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

卑弥呼の縞

P6140031

昨年春のボトル出し苗です。

去年も書きましたが、吟風譲りの縞が出た個体は1本のみでした。
その後は「青」からも縞は確認できていません。

何年か作り込んだらヒョッコリ出てくる可能性はありますので、
気長に遊ぶには面白い木だと思います。

この交配種は「青」も残り7~8本だけになりました。

今回は通販出品するのは1本だけですが、ご希望あればご一報ください。

昨日書き忘れましたが・・・

ボトル出ししたウブ苗は自力で新根を出すまでになったら(馴化したら)
少し水やりのタイミングを考えてください。

何回も書いて来ましたが、ランの栽培では水やりした後に一旦乾かすということが、
案外重要なポイントになります。

これは乾燥が苦手な実生苗にも当てはまりますので、
ずっとびしゃびしゃと水やりしすぎるのは止めましょう。
これから急速に気温が上昇してきますから、夏前に根が傷む恐れがあります。

実生苗も若干のスパルタが必要になってきます。

さて今日も朝から猛ダッシュで最終鉢上げに追われていました。

P4200001

10年ほど前に交配した縄文の光と紅玉の華のF2です。

縄文が「ピンク花」と言われていますが、ほとんど色が判らん程度の色花なのが、
気にらずに「もっと濃い紅花が咲いたら・・・」と考え交配したもの。

F1は全くの青苗で花も白花でした。

10年掛けてのF2ですが、容姿は2種類できました。
青の並フウランとどう見ても縄文風の苗です。

やはり期待したいのが写真のような縄文姿の紅花です。

根もセルフより綺麗に出ているようなので、花までじっくり作り込んでみます。

数は作ってないので、ご希望あればお早目に!

次は・・・

P4200006

P4200007

無双丸の縞と卑弥呼の交配種F2苗です。

昨年は吟風交配の苗を出しましたが、こちらの交配(最初のF1)はもっと後だったと記憶しています。

狙った獲物は「卑弥呼容姿に羅紗入り・尚且つ縞入り」という超ビックな多重芸でしたが、
今回は全くの空振りでした。

容姿は卑弥呼似になったものの、羅紗も縞も出ませんでした。

昨日の記事にも書いたように、F2まで来ている実生交配は作り込んで縞が出る可能性も0ではないので、
そのあたりを楽しみながら作る他無さそうですね。

昨年の吟風交配と比べても「より卑弥呼に近い」容姿に見えます。

これも10本程度しか作ってないので、ご希望あればお早目に!

この苗は通販用にも数本残しておきますので、通販ご希望の方は秋までお待ちください!!

↑このページのトップヘ