芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

既存品種のセルフなど

PA130016

種木用にと作り込んできた1本!

タイトル通り「朝日殿」に「白牡丹」の実生木を交配させたF1個体です。

ルビー根も混じえますので「実生白牡丹です」と言っても通りそうですが、
個人的にはやはり「朝日殿」の血がより強く出ていると感じます。

写真正面の派手な子は覆輪になりたがっているようです。

PA130017

裏側の親木は完全に「朝日殿」ということでしょうか・・・。

そろそろ花が来るころなので待っているのですが、別な種木のから種を採れたので、
こちらは通販へUPしてみることにいたします。

趣味で作るよりか実生の種木にする方が何倍も面白いと思いますので、
どちらかというと実生やられる方向きだと思います。

種木に残したい欲もあるので、価格は少し高めに設定させていただきます。


「司光殿」・・・投げ売りのヤフオクにも出てこないような品種ですが、
かなり以前にセルフした品種です。

親とは似ない派手な苗が2本だけ取れていました。

P7150047


派手すぎてなかなか大きくなりませんが、実生で生まれた珍品種と言っていいと思います。

1本は種木に確保しておきますので、販売できるのはこれ1本のみ!
作り込めば面白い木になりそうな雰囲気です。



先に掲載させていただきましたお二人の「幽谷錦」セルフですが、
当棚にもまだ残してあります。

P6160055

今回のご報告でちゃっかり札替えちゃったりしてますが・・・。

一度でもセルフするなり「幽谷戻し」するなり試してみようかと考えています。

ついでに本ちゃんと比べてみましょうか・・・。

P6160053

いやはや全くの別物です・・・。
実生って面白いです。

いつも書いてますが、セルフであっても実生したモノは本ちゃんとは別物と考えたほうがいいです。
青軸青根がセルフで泥軸泥根に、またその逆も頻繁に起こります。

洋ランなんかは実生品についてはシビアな取り扱いがされているようですが、
富貴蘭についてはゆるい部分がありますんで最低限「実生品」は「実生品」と明確に記すべきです。

そんな訳で少し割ってもみましたんで、販売へもUPします。

P6160061

これなんかは木姿が幽谷に近いのでしょうか?
まだウブな割子なんで判りませんが・・・。

写真楽鉢の木は重要種木ですので、実生するまではどうにか残したいのですが、
賑やかしに高めの値段設定でUPさせていただきます。



↑このページのトップヘ