芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

その他豆葉の縞

ちょっと前にも書きましたが、検索ワード「舞鶴縞」でヒットするケースが極端に多いようです。

ここひと月程度で120件近くありました。

よく本などに掲載されるとこういったことがありますが、
そんな話は聞いていないので・・・。

よっぽどいい木が展示会などで出ていたのか・・・???
何か情報をお持ちの方がいましたら教えてください。

さて、そんな訳で検索から訪問された方で当方とはなじみのない方のために書いておきます。

当ブログを以前から見てくれている方にはおさらいになりますが・・・。

さて、それでは下の写真をご覧ください。

1枚目!

P4220001

2枚目。

P4220002

これ実は両方とも種は同じものから生まれた兄弟木です。

種は「舞鶴と縞木との交配種F2」です。

1枚目はなんとなく判ります、成長すれば本ちゃんの舞鶴のようになりそうです。

問題は2枚目です。

容姿が何かの豆葉に似ていませんか?

そう、玉金剛です。

以前、出版された「富貴蘭辞典」には舞鶴についてこんな風に書かれていました。

舞鶴の自家受粉の実生が成功した話は無く、
玉金剛の実生の中から葉の詰まった舞鶴型のものを選別し
より高く売るための詭弁であった。

なるほど、上の写真のケースとは全く逆ですが、
逆があるならそういうことも・・・。

ただ、それ以降は関西方面でセルフが成功したという話も風の便りで聞きました。

当園だけの話で言うと・・・

セルフは10年近く試しても出来ませんでした。

最後は諦めて縞木との交配F1だけを残して本ちゃんは売ってしまいました。

その時のF1種木が親木になって生まれてきたのが当園の「舞鶴交配の縞」です。

このブログで何回も書いていますが、
たとえセルフで容姿が似ていても厳密には「実生品は似て非なるもの」です。
洋ランの世界などではそのあたりが厳しく管理されているようですが、
東洋ランの世界は甘いです。

ですから、舞鶴の縞(実生品)を購入して、作り込んだら玉金剛の縞になってしまった。
という事もありうるという事です。

そのあたりは目を肥やして最初から「より舞鶴に似た形の苗を選ぶ」必要がでてくると思います。

当園では販売するときには必ず「縞木との交配種」であることを説明して販売しています。

ただ、それが一度品物として流れ始めると純粋な舞鶴の縞ということで売られていたりします。

当園で仕入れた方にはちゃんと「縞木との交配種であること」を説明して販売してほしいのですが、
なかなかそこまでは統制はできませんので難しい部分であります。

実生である以上、変化していくことも多くありますから、
そのあたりの事情も十分考慮して楽しまれることをお勧めします。




お客様からお問い合わせがありましたので、回答ついでに掲載しておきます。

以前のブログあった鶺鴒の交配種について、現在は?」

数日前の玉聖のボトル苗の価格?」

前者のご質問ですが・・・

この木は既に鉢上げが済んでいます。
今年、園内で一番多く価格を聞かれた品種です ↓ ↓ ↓

PB270003

以前にも載せましたが「大聖海」と「鶺鴒」の交配種F2です。

PB270005

しっかりと数えていませんが、15、6本は立ってると思います。

綺麗に晴ぜてきました。

未だ縞の気配は皆無ですが、いずれ出てくるといいな~と思いながら毎日眺めています。

こういった様々な可能性のある木は見てて飽きないです。

メールでのお問い合わせも価格的なことでしたが、店頭でも15万円とお答えしております。

縞が無いうちに10万越えたら売れませんが、どちらかというと自分が作り込みたい品種ですので・・・。

価格といっしょに聞かれるのが「縞の出る確率」ですが、

まあこれは数字ではハッキリ言いにくいですが直感的なモノでは五分五分だと思っています。

「鶺鴒」の芸はまず出ないと考えていいと思います。

容姿としては奄美系のでっかい豆葉にはなるんじゃないかと思っていますが、

これだけ芽数が立っていると成長には時間が掛かると思います。

それから、数日前に掲載しましたボトル培養中の「玉聖の縞」ですが、

こちらは掲載後から数多くの価格照会をいただきました。どうもありがとうございます。

価格については15万とお答えさせていただいていました。

ただ、すみませんが年越しを待たずに売れてしまいました。

「お問い合わせを年明け以降に・・・と書きましたが申し訳ありません」

また次回いい苗を作るように頑張りますので、気長にお待ち願います。



PB170006

↑ ちと葉傷あります!

PB170007

PB170008

↑ これなんかは少し緑素が出てくる兆しがあります。

ここまで1年半作してきましたが殆ど成長が見られません。

ここまで派手だとしょうがないことです。

枯死しないだけ大したやつらです。

「覚王山」は柄が大化けするので、気長に作れば柄は出てくる可能性が高いと思います。

こういった派手苗のケースは寄せ植えの状態が案外うまく行きます。

恐らく苗同士でこんな会話をしているのだと思います。

「おっお前まだ息あるか~」

「も・も・も~だめかも」

「おい頑張れ、暑い夏も寒い冬も一緒に乗り切ったじゃないか」

「でも、また寒い冬がやってきそうーじゃないか~」

「大丈夫、またご主人様がスチロール箱に入れて霧吹きしてくれるぞ!!!」

「頑張ろうーや」「うん、それなら頑張れるかも」「お~そーだそーだ・・・」

とこんな具合です・・・。

(スチロール箱へ入れて霧吹きする冬越し方法はまた近いうちに記事にします。)

昔、農業科の授業でこんな話を聞きました。

健全な木に人為的に害虫を付ける実験をしたところ、
木は防衛本能のためにある種のアルカロイドを生成すると、
するとその木から数百メートル離れた害虫のいない木までも同時にアルカロイドを生成しだす。

これは何か得体のしれない植物同士の通信手段があるのかもしれない・・・と・・・。

当時はおいおい・・・と思いましたが、寄せ植え苗が良く育つのを見ると思いだす話です。

さて、話大いに脱線しましたが、こちらの3本寄せ植え苗はヤフオク出品となります。



PB170025

培養している時点では覆輪になっていたので(下葉は名残です)お~っと喜んでいました。

「天晴」似にも見えていたので、やっと念願かなったと思っていましたが、徐々に緑素が抜けてきて・・・。

まあどうにかここまで半作は無事に来ましたが、少しばかり派手ですね~。

PB170026

この先どう変化するのか楽しみな木でありますが、冬越しは慎重に!

いちおう通販サイトの方へUPさせていただきます。

今年の春先にも掲載しましたが、同じような部類の苗です。

PA130011

今春のボトル出し苗でまだ極小の苗です。

付けは浅い波型で成長すれば面白芸の1品になる木です。

ここまで作りましたが、少し難しいかな?

いちおう通販サイトの方へ上げておきますので、ご希望あればよろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ