芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

その他豆葉の縞

この春は玉金剛の縞を何点か鉢上げしたので、
極力店頭販売は控えめにして、秋の通販用に残してあります。

1発目は源平柄です。

PA060020

玉金剛の覆輪は最初源平だったとの話は良く聞きますが、
そんな話を聞くと欲目が働きます・・・

3本の子が青なので縞の親も成長が早いように見えます。

春出し半作とは思えないほど成長してくれました。

いつかは柄がある子も出てくることでしょう。

玉金剛の縞は徐々にUPするとして・・・

お次は「舞鶴交配の縞」です。

PA060047

少し小さいですが、コンタミボトルから真夏に出した1本です。

それでも3か月くらいは経過しているので、もう十分馴染んでいます。

子にも柄が出てきているので、期待できる1本です。

それと、お次は「大無双と大聖海」の交配種F2です。

PA060037

この苗は昨春のボトル出しで、この秋から直陽を採って黄虎を出そうと待機していたモノです。

虎が晴ぜるより前に縞が出て来ちゃいました。

積極的に陽を採って、黄虎と縞のバランスが良くなれば、
かなりの芸術株になってくれると思います。
将来性バッチシの1本であります。

更には・・・「金牡丹白縞と青海」の交配種F2!

この交配だと金牡丹芸ではなく黄虎になってしまうとは何回か書いてきました。

これもそんな1本ですが、よ~く見ると極僅かに縞が出始めていました。

ルーペで覗かないと判らない程度のものです。

PA060055

PA060054

写真ではちと?ですね・・・。

ただ、少しでも気配のある木は将来性高いですので、
おすすめの1本です。

更に更に・・・

「大無双*織姫」交配のF2苗。

この春のボトル出し苗ですが、出したときは下葉に一筋の白縞が出ていました。

PA060030

こういった苗は経験上、作りんでいると必ず縞は出てきます。

専門店の方にもいずれ出るからと勧めたのですが、鼻で笑われてしまいました。

ところが、随分と早く結果が見れそうな雰囲気になってきました。

PA060032

子の上から雪白の織姫柄が覗いてきました。

こういうのが実生やってて嬉しい瞬間です。

これがこの先どうなっていくかは?ですが、作り甲斐のある木になってくれそうです。

ただ、大無双交配の割に羅紗が抜けちゃっています。
無双系の兄弟木「紅松」風の豆葉になっています。

以上数点、通販サイトへの掲載は明日あたりになると思います。

メルマガ登録されている方へは、UP後すぐにメールを飛ばしますので、しばらくお待ち願います。




「お待たせいたしました・・・

になるのでしょうか・・・?

昨年好評だったコンタミ発生苗がまた出ました~。

この時期には珍しいです。

概ね夏真っ盛りの暑い時期に出やすいのですが、
この時期としては、作業ミスかな・・・

さて、時期的にはギリギリボトル出しに間に合う時期なので、
思い切ってボトルのまま販売します。

通常はボトルの発送はしていません。

何故かというと・・・小さな豆葉苗は輸送中に瓶の中で培地から抜けて転がるからです。

まあ、今回は格安のコンタミ苗ですので、万が一転がっても文句無という条件付きです。

案外、カビが張り付いていると抜けませんが・・・。

今の状態は ↓ ↓ ↓

P6030086

P6030084

P6030083

まあまあ出しても作れる大きさではあります。

もちろん実生に慣れた方でないと難しいですが・・・。

P6030082

大きさもだいたい想像してください。

これ1本のみですが、送料込みで2万円で販売します。

通販サイトへは掲載しませんので、もしご希望でしたら、メールでご一報ください。

※ 注意点

ボトルから出す場合はカビにご注意ください。

恐らく苗を出そうとするとカビが舞い散ります。

マスクなどを装着してカビが舞っても安全な場所で作業してください。

根にもカビが付着していますので、綺麗に洗い流すこと!

10本ほどの苗が入っていますので、寄せ植えで管理すること。

気温が高くなる前にシッカリ施肥しておくこと。

P6030019

舞鶴交配で長葉になってしまった個体から、豆葉っぽい子が出ています。

柄が派手派手なので外せずに置いてありました。

しばらくはこのまま作り込むのをお勧めします。

実際には成長して葉が伸びる可能性も0では無いと思いますが、
なかなか面白い1株です。

P6030069


随分と前に掲載した記事「マルモ」・・・。

記事中のリンクが変になっているので、念のため書いておきますが、

「マルモ」とは・・・

私も?です。

お客さんが種木にとプレゼントしてくれた「何かと何か」の交配種F1です。

お客さんはホームセンターかなにかで手に入れたようですが、
札に「マルモ」とあったようです。

恐らく何かの交配種だろうということでF2を試してみたら、
豆葉が出来ました。

中に縞が出てくる個体があったので、どこかの実生屋さんが豆葉と縞木を交配させたものじゃないかと・・・。

もうすっかり実生もしていませんでしたが、何年か放置してあった小さな木に変化がありました。

P6030075

P6030076

中透け風に縞が出てきています。

P6030071

面白いことに子にも全く同じような芸が出ています。

ムムム・・・。

これは何か面白い予感がします。

なかなか大きくならない木ですが、柄が楽しみです。

珍品好きな方に作り込んでいただきたい1本です。

できましたら、数年後どんな木になったかご報告いただければ嬉しいです。

↑このページのトップヘ