芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

無双系統のセルフや交配など

0d4702d0963513f767c336efd0be76ce

↑ コレは何年も前にブログへ掲載した写真です。

「無双丸の虎」や「紅無双の虎」が世に出始めた頃は関西方面で何十万という値段で売られていたそうですが、
何分弱い木なので作れる人が殆どいなかったとのこと。

現在、どの程度の木が残っているのかは私も把握していません。

徐々にあの木は作れない・・・という話になってしまって手を出す方も少なくなっていきました。

コツさえ掴めば十分作れるという事を証明しようと力を込めて作り込んだ1株が上の写真の株立です。
相当の年数が掛かっています。手間もかけました。

これもUPしてすぐに売れてしまいましたが残念なことに棚が移った途端に枯死してしまったようでした。

確か昨年もUPしたと思いましたが、木は既に売れてしまいました。

現状は割子が数本残っているだけですが、またそこから年数掛けて作り込んでみようかと思います。

PA270005

割子と言っても迫力あります!

この木はお得意様からオファーを頂いたので、植え替えてご来園をお待ちしているところです。
もし商談が流れたらUPしますので、よろしくお願いします。

さて、話のついでのUPですが、

PA270007

ちびっこの「無双丸虎」です。

ここから10年でも20年でも頑張ってみてください。

実際は縞品種が交配されていますので、もしかしたら今後縞が出てくるかもしれません。

なので本来は「無双丸虎*〇〇〇」です。

〇〇〇の中身はご購入いただいた方にお知らせします。

恐らく「無双丸虎」のセルフよりは丈夫ではないかな?と考えていますが、
春出しのウブな苗ですから実生慣れした方でないと難しいかと思います。

当園の隠れ人気種。

大聖海と無双系の交配種F2です。

いろいろな容姿で出来るので作ってる方も楽しいです。

P6040007_1

P6040011_1

上の2本はまだ小さい苗ですが、少し葉が暴れ気味で先どうなるか面白そうです。

通常この品種では完全に羅紗豆葉になっている個体が人気ですが、これは葉が伸びるでしょう!

作り込むと巾が出るので、豆葉ではないが付替わり(波型)で黄虎冴えます。

大聖海同様に徐々に縞が出てくる個体があるので、そのあたりを期待して作ってみるのが楽しみです。

上記2本は通販サイトの方へUPさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

お客様の依頼で同種の苗を探していたら、子に白縞の入っている苗をみつけちゃいました・・・

P5130003

一番下の一番小さな子です ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

天葉が青くなってしまっているようなので、先々どうか?ですが、
作ってみる価値はあるような気がします。

P5130004

ただ、軸の汚れがアッサリし過ぎちゃってますんで、そのあたりはイマイチか・・・。

子を外したいところでしたが、念のためこのまま作るのがベターかな・・・と思います。

この1本は通販サイトの方へUPしておきますので、よろしくお願いいたします。

一味違った雰囲気の「無双丸」になると評判の交配種!

P5110013

特別陽を採ったわけでは無いのですが、色素が濃くでます。
時々縞が出るので、作り込むと楽しめます。

P5110016

これは一筋の縞が出てきた例ですが、ちとジックリいかねば枯れそうです。

P5110018

こんなんもありますが、昨年ボトル出しして1作ですが葉が閉じたままです。
根は動き出しました。
私的には注視していたのですが、これも作り込むのは難しいでしょう。

とりあえず今回のは、一番上の個体だけ通販UPいたします。

もしももしも、下の2本を作ってみたいと言われる方がおりましたら、遠慮なくご一報ください。
安価でご提供いたします。

昨年も少しだけUPしましたが、羅紗地青海風の黄虎を狙った交配です。
まあ、結果は失敗だった訳ですが、なかなか面白い苗もいくつか取れたりしました。

P5120010

これもなかなか愛嬌のある葉重ねよい豆葉となっています。

この雰囲気は紅無双とも違いますね・・・。

どうなるのか作り込んだら面白いと思います。

恐らくここから黄虎にはならないと思いますので、念のため・・・。

↑このページのトップヘ