芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

無双系統のセルフや交配など

タイトルの組み合わせで、今年最高の無双丸白縞が2本だけできましたが、
小さかったので、鉢上げを1年見送りました。
来年は成長していると思いますので、お楽しみに!!!

PA310039

この3本は、同じ交配の同じ種からできた長葉の白縞です。

単純に「織姫」に帰ったと思うかもしれませんが、
そうではありませんで、なかなか面白い木になっています。

PA310042

PA310044

ラベル「A」の木は、しっかりと軸に泥が入っています。

PA310050

ラベル「B」の木は、恐らく青軸でしょうが、巾のあるボリューミィな木になりそうな予感がします。

PA310053

ラベル「C」の木は薄い泥軸のようです。

PA310059

中斑気味の美しい子が付いています。

いずれも実生の種木には最高の1本になると思います。

もし、実生にチャレンジする方がいるようでしたら、
こういった木をセルフすると手っ取り早く結果が出ます。

「この木を実生したら同じような長葉が出るのでは?」とよく聞かれます。

ところが面白いもので、この木にも「無双丸」の血が確実に流れています。

なのでこの木を実生すると無双丸の白縞が出てくるのです。

ただ確率はかなり低くなります。

恐らく1000本培養して1本あるかどうか位でしょうか。

まあ、そんなことを書いても最近は実生をやろうという方もいなくなっちゃいましたけど・・・。

上の3本も通販サイトへUPさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。

P5120042

「聖無双」は今年も何本かお届けできそうです。

今回はとりあえず青軸青根の正統派タイプをUPしておきます。

大聖海と無双丸の交配種なのですが、羅紗は出ません。

豆葉の大聖海芸と考えてください。

中には豆葉の大紅海芸になる個体も出てくるので面白いです。

写真で言うと奥の2鉢がそうです。

泥軸で綺麗なピンク根でこちらもいい木になりますよ。

苦手な方が多い「無双丸の黄虎」です。

前にも書きましたが、綺麗な虎に仕上げるのには、
すこぶる時間が掛かります。

ここまで持ってくるのにも何年かかったか・・・。

P6140040

当園でここまで作りましたから、仕上げは購入された方で・・・。

2~3年掛けて秋の直陽を採ってください。
何回も書きましたが、徐々に木の様子を見ながら行かないと、
直ぐに機嫌を損ねます。

今回は4本立と3本立の木を2株用意しました。

現存する木が少ないので、貴重な玉です。

今週中には通販サイトへUPできると思いますので、
よろしくお願いいたします。

PA270012

愛嬌ある可愛い豆葉の黄虎です。

紅無双、無双丸、紅松、それぞれの虎などを産出する種木に「大聖海」を交配させてF2まで実生した品種です。

簡単に言うと「聖無双」と呼んでいる木の兄弟です。

こちらは羅紗は全くありません。

PA270013


少しずつ大きくなると葉も多少は伸びてくるかもしれませんが、
伸びても葉巾のあるぼてっとした木になると思います。

付けは波型、青軸青根のように見えますが、わずかに泥があるかもしれません。
そのあたりは作り込んで観察してみてください。

大聖海交配なので縞が流れる場合があります。
流れるとしたらこんな ↓ 感じから始まると思います。

PA270026

↑ コレも兄弟苗ですが、付けが月形になっていますので、
葉は伸びてしまうタイプです。

なかなか作り甲斐のある面白い木だと思います。
お勧め品です!

0d4702d0963513f767c336efd0be76ce

↑ コレは何年も前にブログへ掲載した写真です。

「無双丸の虎」や「紅無双の虎」が世に出始めた頃は関西方面で何十万という値段で売られていたそうですが、
何分弱い木なので作れる人が殆どいなかったとのこと。

現在、どの程度の木が残っているのかは私も把握していません。

徐々にあの木は作れない・・・という話になってしまって手を出す方も少なくなっていきました。

コツさえ掴めば十分作れるという事を証明しようと力を込めて作り込んだ1株が上の写真の株立です。
相当の年数が掛かっています。手間もかけました。

これもUPしてすぐに売れてしまいましたが残念なことに棚が移った途端に枯死してしまったようでした。

確か昨年もUPしたと思いましたが、木は既に売れてしまいました。

現状は割子が数本残っているだけですが、またそこから年数掛けて作り込んでみようかと思います。

PA270005

割子と言っても迫力あります!

この木はお得意様からオファーを頂いたので、植え替えてご来園をお待ちしているところです。
もし商談が流れたらUPしますので、よろしくお願いします。

さて、話のついでのUPですが、

PA270007

ちびっこの「無双丸虎」です。

ここから10年でも20年でも頑張ってみてください。

実際は縞品種が交配されていますので、もしかしたら今後縞が出てくるかもしれません。

なので本来は「無双丸虎*〇〇〇」です。

〇〇〇の中身はご購入いただいた方にお知らせします。

恐らく「無双丸虎」のセルフよりは丈夫ではないかな?と考えていますが、
春出しのウブな苗ですから実生慣れした方でないと難しいかと思います。

↑このページのトップヘ