芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

玉聖(たまひじり)

玉聖の青に関して記事を書きましたら、
何件かご依頼をいただきました、さっそくにありがとうございます。

大きさはどの程度ですかと聞かれましたので、
参考までに ↓ ↓ ↓

玉聖青3

間口4.5cmほどの2作苗です。
まあこれに縞が出てくるようですと最高なんですが・・・。

この程度のサイズで2千円ほどです。

小さいサイズでよろしければ、半作から1作苗千円~1500円程度になります。

「青」は沢山あるので、いつでもご連絡いただければ、準備します。

基本「青」は全て寄せ植え状態ですから、植え替え準備には少しお時間いただきます。

さて、本日の本題は・・・

「虎」の方です・・・。

PA140010

な~んか欲目で縞に見えたので・・・。

虫眼鏡でジックリ見てみましたが気配はないようでした。

ただこういった雰囲気の苗から作掛けて縞が出てくるケースを何点かみているので、
期待は持てると思います。

サイズが極小サイズなので、作りが難しいと思いますが、
自信のある方はチャレンジする価値はあると思います。

この木は通販サイトへUPさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。


先日、お客様から嬉しいお便りをいただきました!!!

3年前に販売させていただいた「玉聖」です。

DSC_0365

購入された頃は小指の先ほどの苗だった・・・とのこと。
(当時の写真を探しましたが、見つかりませんでした。)

すんごいリッパな木になってきています。

上手に作られています。

このまま2作ほどした後には、加速度付きますから、
もっといい木になっていると思います。

大事に作ってあげてください。
お写真ありがとうございました!!!

この品種欲しい方が後を絶たないのですが、
「青」ばかりで、いい木が出来なくなってしまったので、
お問い合わせをいただいてもお断りするばかりで・・・。

ただ、こういったお便りをいただくと、何か閃くんです、わたくし・・・。

一昔前に「引き寄せの法則」ってやつが流行りましたが、
なんかこのお便りが引き寄せくれてる気がして・・・。

そんな訳で、お便りをいただいてすぐに残っている同品種の「青苗」を確認に行きました。

そーしたら、なんと諦めていた青苗から縞が出てきていました。
これには驚きました。

PA110020

この木、天葉からは縞気配が無いので、継続が・・・?ですが、
十分期待していい、いける個体だと思います。

何回も書いていますが、青苗でも辛抱すれば出てくるという良い見本です。

これは、通販サイトへUPさせていただきます。よろしくお願いします。

こんな具合に「青苗」でも面白い変化がありますので、
ご希望があればご連絡ください。

数は多くても用意できます。
(あんまり数が多いようですと少しお時間いただきますが・・・。)

上の木のように親から出ることは稀です!!!
どちらかというと子に出る場合が多いので、期待するならその辺りです。

鉢上げ後1年半が経過しましたが、未だ芸がハッキリ判定できませんが・・・。

PB300028

PB300031

PB300034

恐らく以前掲載した「駿晃殿」のような虎(覆輪)芸ではないかと思っています。

ここまでほとんど成長といえるような手ごたえを感じませんが、
一応前回の冬も2回の夏も経験してきています。

とりあえず作れそうだと踏みましたので、通販の方へもUPさせていただきます。

本当は2本立だったのですが、植え替えようとしたら外れました・・・。

仕方がないので2本分としてUPいたします。

マメに管理できる方がよろしいかと思います。

PB170002

最近、在庫の問い合わせを多くいただくのが「玉聖の縞」です。

今年も「縞個体」では良いものは出来なかったので、在庫は極小の苗が1本のみです。

(黄虎の苗もほんの僅か残っています。)

体の割には根が太いのでどうにか持ちそうです。

ここまで1年半作りましたから十分作れるはずですが、やはり実物はかなりの小物です。

コケに隠れそーであります。

PB170030

こちらも通販サイトにUPさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

ちなみに来年は1本だけいい木があります。

参考までに!

PB170042

右側派手ですが左側の地味グループで十分栄養供給してくれそうです。

ボトル販売は来年2月からですが、基本的に店頭販売のみとなります。

以前はボトル販売用のリストの作成していましたが、需要が極端に無くなったので現在は廃止しています。

来年用の苗は猛ダッシュで最終移植を行っているところです。

出せる品種については成長段階を確認してからとなりますので、

もし、ボトル卸をご希望の方がいましたら、年明け以降にでもお問い合わせください。

↑このページのトップヘ