芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

金牡丹・黒牡丹・白牡丹など


P6140027


P6140028

上が「青」で下が「黄虎」です。

単純に「金牡丹*青海」では無いのですが、あんまりごちゃごちゃ経緯を書いても判りにくいので、
あっさりと金牡丹と青海の交配種ということにしておきます。

いずれの血も確かに入っていますので・・・。

少し前にも書きましたが、ここから白縞(親の金牡丹が白縞系なので)が出たケースがあります。

出たのは「青苗」からだったようです。

私的には「黄虎」からのほうが確率が高いように考えていたので、意外でした。

黄虎の方が・・・というのは、なぜかと言うと・・・

金牡丹を様々な方法で実生交配してきた経験から、
金牡丹の血が黄虎に変化するという事実を見てきたからです。

金牡丹の血を受けて「黄虎」になるのなら、縞が出るのも黄虎の方かな・・・と。

まあ生き物はこちらの思惑通りには行きませんで、突然面白くなったりします。
そこがまた驚きと興奮をもたらしてくれる面白い世界なのですが・・・。

さて、今回は「青苗」「黄虎苗」の2本セットでの販売です。

念のため「縞出ろ~出ろ~」と呪文を掛けてから送り出します 

P6140022

棚に置いておくとパッと見、金牡丹の割子のように見えます。

もちろん芸は出ていません、ルビー根でも無いのですが、何かいい雰囲気の苗です。

何年か作り込んだら化けてくれそうな予感もしますが、欲目かな・・・。

実生を試みる方には面白い種木になってくれると思いますが・・・。

PB170015

30年近く掛けて徐々に「金牡丹」の血を濃くして来た実生苗です。

一番最初は「万葉冠」のセルフでしたが、芸の出ていない木に金牡丹白縞を交配し続けてきました。

その都度芸が出ない失敗に終わってきましたが、無芸の木を大事に作り込んで親にして、

そこへまたぞろ金牡丹を交配させて、それでもだめで更に同じことを繰り返して・・・。

まあ気の遠くなるような事ではあります。

今、当園で一番金牡丹に近いと考えている木が上の写真の木です。

この木も金牡丹芸が出ているわけでは無く、ただの縞木です。

鉢上げ当時は白縞だったのですが、徐々に黄縞に変化してきました。

PB170018

PB170019

実生をやられる方にはお宝のような木ですが、これも実生して金牡丹ができる保証は全くありません。

私的にはこれでダメでもまた同じことを繰り返していくだけですが、死ぬまでには叶うでしょうか?

神様しか知りえないことですね・・・。

PA200045

ちょっと観察していた3本の木を一気にUPいたします。

昨年の春出しの苗です。

いずれも軸の薄い感じがイマイチというかイマ3くらいかな?

陽を採って作り込んでみたかったのですが、そのあたりはお手にした方が試してみてくだされば・・・。

1本は、1作としてはまあまあ大きな方かな?

PA200056

残念なのが親子とも上に来て青になってきています。

2本目は ↓

PA200047

源平の黄縞!

3本目は ↓

PA200051

少し弱弱しい苗。

柄は薄い櫛目で一番面白そうなのですが、少しキズもあります。

一番作り難いと思います。

全て根は泥根です。

良く書いてますが、実生でこんなんできましたといった参考品程度の目安です。

↑このページのトップヘ