芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

ヤフーオークションへの出品

PB270008

年内のヤフオク出品もあと数点です。

↑ コレは舞鶴交配の縞ですが、縞は下葉に残っているだけで、青になってしまっています。

ただ、元々が上柄なので作り込んでいれば、いつか必ず縞が出ます。

問題はいつ出るか?だけですが、なかなかそれを待ち堪える気長な方が少ないので・・・。

かなりの極小苗ですので、実生に慣れた方でないと難しいと思います。

オークションへの出品は明日12月2日以降、終了は12月6日(日)の予定です。

よろしくお願いいたします。

1品目は「建国殿」のセルフから生まれた縞子つきの1本!

PA270024

白縞かな?
派手になるとルビー根が出たりするので、楽しみです!!!
これから良くなってくれればいいのですが・・・。

PA270023

でも、ちょっと軸薄すぎかな~?
もう少し雰囲気が欲しいところですが・・・。

もう1本は「金幽晃」と「青海」の交配種F2、今春のボトル出し苗です。

PA270016

なんか可愛いですね~。

陽を採れば採っただけ晴ぜてくるはずです。

金幽晃母体ですが、泥軸泥根のようです。

容姿は?も少し観察が必要かな?

でも多分姫青海風の個体になるのではないかと思います。

5~6年も作り込めば「黄虎の青海」になることでしょう。
その姿にはウットリするはず・・・!

終了は日曜日11月1日の夜です。
よろしくお願いいたします。

前回未落札に終わった「舞鶴の縞」について、何件かお問い合わせをいただきましたが、
申し訳ありません、オークション終了後に別途オファーがあり売れてしまいました。
あと少しだけ派手柄の個体があるので、ご希望あればご一報ください。

さて、今週も継続してヤフーオークションへ出品していきます。

まずは、先週に続いて「無双丸*日本錦」の交配種から1本!

PA200004

なかなか立派な「無双丸」になっています。
7本立程度の株立ですが、残念ながらすべて「青」です。
当面はジックリ作り込んでください。
そのうちに縞が出てくるかもしれません。
出てこないとしてもかなりボリュームのある「達磨型・無双丸」としていい木になると思います。

続いては「富嶽*大無双」の交配種!

PA200020

ちと派手ですが、ここまで1年半作りました。
冬を1回、夏を2回経験しましたので、十分作れるはずです。
実生栽培のコツを押さえれば怖くはありません。

ちなみにこの苗は地味で小さな子が付いています。
恐らくその子がせっせと栄養供給してくれていると思われ、
たいへん親孝行な子であると言えます・・・

もう1本は同じ種からの兄弟ですが、

PA200023

現状「青」の木です。
こちらも、もしかしたら縞が出てくる可能性が残っているので、
楽しみながら作れる1本だと思います。

今週、最後は「舞鶴交配」の1本!

PA200013

↑ コレ寄せ植えではないのです。
ギリギリ根元でくっついているのですが、ややバランスを欠いています。
もう少し成長するまでは外さない方が良さそうなので、このままに!

PA200016

写真で判るかな~?
根の下に小っさい子が出ているのですが、
これが微妙な位置で子割したらボロッといく可能性があります。

そんな極小の子も含めて大小4本の子付。
親共々すべての芽に縞が出ている珍しい個体です。

2年程度このまま置いておけば、極小の子も含めて外せそうです。

先週に引き続き「ヤフオク」への出品を継続します。
よろしくお願いいたします。

今週は18日(日)終了となります。

出品予定の木は下の通りです。

「無双丸*日本錦」の交配種F2、先週出品した木の兄弟木です。
実生の兄弟木というのは同じ種から生まれた別個体ということですが、
今回は葉の詰まった「紅無双」に似たタイプの苗です。
残念ながら前回の木のような縞気配は皆無ですが、
作り込んで縞が出てくるのを期待するのは楽しみの一つです。

PA130023

「曼珠沙華セルフF2」

木が若い(2作程度)ですが、今年初花を迎えました。
無事に3蝶咲しましたので出品します。

PA130033

「唐錦 セルフ」

一般的には作りが難しいと言われますが、実生品は更に難しい部分があります。
極端な乾燥を嫌いますので、冬場でも適度の湿度が欲しい木です。
ここまで4作程度ですが、ほとんど成長しないというのも唐錦の実生品の特徴です。

PA130027

「綾三彩 セルフ」

PA130036


数年前に蘭友が持ち込んだ本性品をお借りして実生してみたものですが、
殆どは「青」か「地味な斑縞」になってしまいました。

この木は案外覆輪っぽくなってきた例ですが、泥軸泥根になってしまっています。
いちおうラベルは「綾三彩」としておきますが、本性品とは別物になっていますので、
ご承知おきください。

ここまで2作程度ですが、恐らくもっと作り込めばボリュームが出てくると思います。
覆輪が固定するようなら、泥軸泥根の別品種として仮名してもいいかもですね。

「紅天狗 セルフ」

PA130040

ここ数日で開花しました。
秋の花は薄いですね・・・。

変な癖が付くといけないので、写真だけ撮って花は落とします。

夏に咲く花はもう少し濃い花になってくれると思います。

少し採光強めに作ってください。発色が良くなるはずです。

「富嶽*青牡丹 F2」

PA130030

作り込むにはそれなりのテクニックが必要になってきます。
極小豆葉・強い羅紗地・斑縞!!!
他に無い個性的な木だけにじっくり作り込めば貴重な木になるはずです。
青牡丹交配ですが、泥軸泥根になってしまっていますので、
青牡丹の縞とは言えなくなってしまっていますので、ご承知おきください。

以上6点の出品です。
どうぞよろしくお願いいたします。




ヤフオクの出品を2品ほど追加しておきますので、
よろしくお願いいたします。

1本目は、昨年の秋にUPした羆系実生の斑入り個体。
今季種を撒きましたので、種木用に確保した1本を出品します。

実際はその後に青からも柄が出てくる木があるようなので、
ある程度数を作っておけばよかったのですが・・・。
この木の種から「羆」に戻る個体が出てくれば、面白いですが、まあ無理でしょう。

今年になってから柄が浮いてきた木も準備次第、販売へ回せると思います。

PA060010

どうも秋口に冴えてくるよな雰囲気です。
ここまで案外暗い場所に置いてありました・・・参考までに。
オークションなんかで「羆の青」ってやつがよく出てきますが、
こういった木を作り込んでる方が楽しめるような気もします。

ちなみに植え替えに際して、竹炭植えにしてあります。
もし、落札されて気に入らなければ、植え替えてください。

もう1本は、「覚王山」の親戚みたいな木!

「無双丸*日本錦」のF2です。

PA060005

出来た苗は「青」ばかりでしたので、育苗段階で選別してしまって、
鉢上げまで残した苗はほんの僅かでした。

その中から当たりが出ました。

容姿はイマイチまだ定まりませんが、羅紗は写真でもシッカリ確認できます。

こういったケースは本当にうれしいものです。


↑このページのトップヘ