芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

新品種情報

今日は朝から暑い・・・。

ちょっと温室で作業してたら、クラクラしましたので、
今日の温室仕事は控えめで過ごします。

皆さまも急な暑さで熱中症にはお気を付けください。

ここ数日、春出しの新苗について、ご質問等いただきましたので、
簡単に出した苗などご案内しておきます。

P6150013

↑ コレは去年も出した織姫と無双丸の交配種。
摺り斑のように白縞が出ていますが、いずれちゃんとした縞も出るでしょう。

P6150012

↑ 紅無双と富嶽の交配種。

根のシッカリした苗を選別してボトルOUTしました。

P6150010

↑ 大無双と大和錦の交配種。

ちっさいので大無双になるには時間がかかるかな???

P6150009

↑ コレはちょっと面白い苗です。

かなり前に友人が「実生に使え」と持ち込んだ「銀牡丹」なる木に無双丸を掛けました。

豆葉の縞にならなかったので、その交配種に「卑弥呼」まで多重交配させた結果がコレです。

当園の豆葉の縞は殆どが斑縞ですが、これは紺縞で、地味ですが渋い芸です。

容姿は無双丸にも卑弥呼にも似ませんが、作り込んでどうなるのか楽しみです。


P6150008

↑ コレもなかなか面白い1本です。

最近は見ませんが、以前に「源氏蛍」を実生したら、縞が出来たことがありました。

それに「卑弥呼」を交配させて遊んだ結果です。

卑弥呼の容姿は出ていませんで、源氏蛍の容姿に戻った雰囲気があるのかな???

もっとド派手な苗もあります。

P6150007

↑ これは黒真珠交配の縞です。

青軸青根になっちゃいました。

P6150006

↑ コレは奄美豆葉の散り斑縞。

とてつもなくデカくなっていきます。

P6150005

↑ コレは大聖海と瀬戸の剣の交配種。

昨年の轡虫とは兄弟みたいなもんですかね・・・。

P6150003

↑ コレは淡海の交配種。

P6150001

最後は、黒豹の交配種ですが。

なんとも青軸青根で「青豹」になってしまいましたとさ・・・

いずれも数は少なく、上の実物は店頭販売品となります。

秋の通販用に、少し確保してある個体もありますので、
遠方の方は秋の通販をお待ちください。





春先に掲載した「奄美の白縞」ですが、新根が綺麗なルビー根でした。

とりあえず販売はせずに少し作り込むことにします。

以前の記事で価格まで掲載していましたので、念のため書いておきます。

P7060013

ここのところの高温で根が止まりました。

何故か子が1本中透けになっています。

P7060014

これも今までにない特異なケースです。

なんかいろんな芸を秘めた珍品になりそうです。

P5070005

先日掲載した「奄美豆葉の白縞」について何件かお問い合わせいただきました。

もう少し詳細に書いておきます。

天の川との交配で白虎豆葉を狙ったものですが、偶然1本だけ縞が出ました。

10万分の一の確率と言われるとても珍しい個体です。

今のところ価格を聞かれたら10万円とお答えしております。

わたし的に気になっているのは・・・

もしかしたら来春に天の川芸も出るかもしれない・・・という部分。

そうなれば、かなりの多芸品で貴重な1本になります。

ちなみに同じ兄弟の天の川芸タイプも鉢上げしてあります。

P5140001_1

まあまあ綺麗です。

ちょっと弱そうなので当園の棚で半作は越した方がいいかな・・・と感じています。

何年か前に韓国帰りの方から頂いたF1種木。

「火影*朱天王」!

作出者の意図が判りにくいですが、火影芸の紅花でも狙ったのでしょうか???

1回くらいは試しでF2を作ってみようと思い置いておきました。

やっと花が咲いたので実生して昨年鉢上げしました。

弱そうな苗だったので暗めに作っていましたが・・・

P5120063

極端な烏になっちゃいました。

あれっ?
火影ってどんな芸でしたっけ???

最近聞かないので忘れちゃいました~

まあ花でも楽しみに作ってみます。

写真の1作苗は何かの参考になるかもしれないのでUPしておきます。

ただ念のため書いておきますが・・・

私の実生した交配ではないので、本当に「火影*朱天王」かは判りません・・・。


この春に出した苗についてお問い合わせをいただきましたので、
ざっと書いておきます。

例年通りの品種では・・・

「玉金剛の縞」

「緑宝の縞」

「松の誉の縞」

「舞鶴の縞」

「淀の松の縞」

新しい品種では、

「奄美豆葉の白縞」 ↓ ↓ ↓

P5070002

P5070004

派手ですが周りの青芽に助けられているようですね!

「牡丹錦と金牡丹白縞の交配種F2」 ↓ ↓ ↓

P5070007

P5070008

恐らくちゃんとルビー根で出ると思います。

3年ほど前に出来ていたのですが、ほとんどが培養中に枯死しました。
どうにか頑張って残った苗が20本程度でした。
培養中に瓶の中で枯れるというのは、とてつもなく弱い木ですから、
鉢作りできるかどうかという部分があります。
ひと夏は経過観察したほうがよさそうです。

あと久しぶりに「玉聖」を出せましたので、おさらいしておきます。

お客様から「本に掲載されていた名前の読みがぎょくせいになっていたが、どちらが正しいのか?」

とお問い合わせもいただきましたが、作った本人(私)はずっと「たまひじり」と呼んでいます。

名前が独り歩きしてきているようです・・・。

個人的はどちらでも構わないのですが・・・いちおう書いておきます。

あと、この冬から春にかけて何件か同じようなお便りも来ました。
内容はいずれも同じ用件で、

他から「玉聖」を入手したが本物か?というお問い合わせ・・・。

当園では青海交配で寒霞渓・夕月・金牡丹などを絡めていますので、
黄虎に出て青海型になっていれば区別は難しいです。

「玉聖」は何年か作っていれば縞が出る可能性がありますが、
黄虎品種と交配させたモノはいくら待っても縞は出ません。

この辺りはずるい方がいるようで、本に掲載されたとなれば、
「玉聖」にラベル替えた方が高く売れるということで、
勝手なことをしているかたもいるかもしれません。

「玉聖」は何回も書いている通り「大聖海*青海」の交配種F2です。

これで出来る苗は「青」「縞」「黄虎」「幽霊」などがあります。

ちょうど今年は全て鉢上げ出来たので写真を載せておきます。

まあ「青」はいいとして、縞です。

P5070012
P5070013

そしてほぼ「幽霊」の苗。

P5070011

これを虎と勘違いすると大きな間違いです。

これを作れる方はほぼおりません。
当棚で縞が出るまで辛抱するしかありません。
私もひと夏越せるかどうかチト不安です。

あと、黄虎タイプ。

P5070010

出したての苗は判断が難しいですが、私は何本も見てきましたから、
これが日を採れば晴ぜる個体という事はすぐに判ります。

安全に半作は陽を採りません。

作るのに一番楽しみなのが虎のタイプじゃないかと思います。

徐々に晴ぜていく姿といつ縞が出るだろうという楽しみとがあります。

あとは久しぶりに花物のF2苗「紅陽*夕映」なんかも出してみました。

また、気が付いたら掲載します。


↑このページのトップヘ