芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

花物品種

昨日の記事にも書きましたが、花纏の白縞を1本アップします。

上柄は春に出てしまいましたが、地味柄を残しておきました。

PB020008

その内にいい柄が出るかも・・・と思っていましたが、
ひと夏越えて早々と出てきました。

PB020010

よーく見ると子にもいい柄が・・・。
春先には気が付きませんでした。

PB020005

PB020004

これは将来が楽しみです。

容姿からは「花纏」の花が咲くと思いますが、
蕾は開いたりもしているようです。

普通なら花までは10年は掛かると思います。

お客様からまたまた嬉しいメールをいただきました。

確か5年ほど前だったと思いますが、
「花纏」のメリクロンに成功して初めての鉢上げ苗をご購入いただいた方からです。

花纏

見事な木に成長してくれています。

写真を見て私もビックリしました。

何故なら鉢上げ当時はかなり線が細くか弱い苗で、
恐らく花までは10年以上掛かると思っていたからです。

それが半分の年月で花まで持ってくるとは、本業の私も驚きを隠せんでした。

かなり腕達者の方です。

この方のお住まいはマンションの高層階で風が強いとのこと、日当たりも良すぎる・・・。

なんかそのあたりにこのメリクロン苗が嵌った要因があるのでしょうか?
少し私も考えてみたいと思いました。

23区内の友人で風蘭を丹念に作っている友人がいますが、
その方も実生風蘭を上手く作られています。

なまじっか広い作場や温室があるよりも、限られた環境の中で
いろいろ工夫されて作る方の方が上手かったりします。

緋翠

もう一花。

翡翠*朱天王の交配種だそうです。
うまく両方の花が混在しているようでいい花です。

私が少し前に掲載した花が同じような花でしたが、
もったいぶって交配の片親を書きませんでしたが、
実は翡翠と天紅梅でした。

烏になるのは天紅梅の影響があるのだと思います。

花纏ついでに白縞の個体をUPするつもりでしたが、
今日は時間が無いので明日にでもUPします。
お楽しみに・・・


PA170001

「朱天王*曼珠沙華」のF2木ですが、もう一株に花が上がっていました。

こちらは参考までに載せておきます。

PA170004

面白いもので先に掲載した花(蕾)とはまた違った趣です。

こちらは少しは紅が乗るのでしょうか???

開花したら写真を撮って掲載してみます。

「花かんざし」のセルフ苗から縞が出ていました~。

PA060024

葉焼けかと思っていたら中透け気味の縞でした・・・。

天葉は覆輪風に縞が入ってきているので、中透け状態が続くというわけではなさそうであります。

さて、これにちゃんと簪が出るかという話ですが・・・。

セルフ苗はなかなか確率が低いので、そこまでは難しいかもしれません。

少し心配なのは軸の色素が薄いという部分です。

PA060028


他のセルフ苗はもっと色素が濃く、いかにも紅花品種という感じですが、
なんか少し怪しい雰囲気かな・・・と・・・。

こればっかりは咲いてみないと判らないので、ある程度は博打ですかね。


P7290300

今年、案外いい花が咲きましたので掲載しておきます。

片親は「翡翠」です。

もう片親はとりあえず伏せておきますが、濃い紅花品種というわけではありません。

ベースは緑花で距がかなり濃い紅色になっています。

花弁先にもそこそこの濃さで紅をさしているので、コントラストが美しい花になっています。

木自体がかなり色素の濃い木で烏に近い葉です。

確か昨年同じ木を販売した覚えがあるので、購入された方は花を楽しみに待ってください。

同じタイプの木が他には無いので、販売ができませんが、

また、同じタイプの木が生まれたら販売しますね。


↑このページのトップヘ