今年の夏ごろ、確か8月だったと思いますが、初めてメッセージを投稿された方がおりまして、
内容は実生に関してのアドバイスお願いしたいとのことでした。

夏場はメールも来ないのでメッセージを発見するのに遅れてしまって、返信も遅くなってしまいましたが、
とりあえず「何かお役に立てれば・・・」との内容でメールを送りました。
その後、音沙汰がないのでどうされたかな?と・・・。

そのお方は既に70歳を超えているという話でした。

私も数年で還暦ですが、近ごろは老眼の進行が激しくて、移植作業に支障が出ています。

70歳を超えてからの実生作業は、なかなかしんどいと思いますが、
もしこれをご覧になっていたら、どうか頑張ってください。
私もまだまだ頑張らねばと励みになります。

私的にはこの仕事が出来なくなるまでに1回は「豆葉の覆輪」を作出したいと考えています。

毎年、良さゲな苗を見つけると今年こそは!と思うのですが、なかなか思い通りには行きません。

最近、一番期待したのが ↓ この「覚王山」でした。

PB090060

無菌培養の初期段階で、完全に覆輪だと感じました。

PB090054

PB090055

PB090056

この辺りで「あれ、ちょっと散ってきちゃったかな~」と・・・。

PB090057

PB090058

PB090059

↑ 現在の天葉ですが、ここまできちゃうとチト諦めモードです・・・

もう一度いい変化が来ることを祈って、販売へ回そうと思います。

今週中には通販サイトへUP出来ると思います。

夢を追いかけたい方どうぞ!