以前の記事で「舞鶴の縞」という検索キーワードが多く出ているという記事を書きました。

今月に入ってから急上昇しているのが「覚王山」キーワードです。

2

                    【覚王山】


実際に何件かお問い合わせもいただいていますので、ご希望されている方が多いようです。

ただ、みなさんご希望なのは「株立」ということのようです。

現状では大株を探すのは、ほぼ不可能かと思います。

(前に記事にした「ヤフオク出品」されていた木は見事でしたが・・・。)

恐らく今入手可能なのは1本~2本立程度の木だけだと思います。

「覚王山」自体がマーケットでは、そろそろ「玉切れ」の時期かもしれません。

前にも書きましたが、この品種それほど子吹きが良くありません。

ただ、5~6年掛ければ徐々に子が出てくると思います。

今は素立でもじっと我慢して成長期には施肥を欠かすことなく作ることです。

初花が咲くころには、徐々に株になってくれると思います。

昨日も専門店の方が来園されて、韓国業者からオファーがあった・・・とのことでした。

もし手元の木を転売されたいようでしたら、今が比較的高く売れるチャンスかもしれません。

交換会なら韓国のブローカーさんが入れば高くなるんじゃないでしょうか?

ちょっと気が付いたので書いておきます。