芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

以前の記事です。

「大和の剣」

このプロコーム苗がやっとこさ少しだけ大きくなりました。

PA250010

PA250014

プロトコームからですと成長が遅くて嫌になりますが、
どこかで勢いが付きはじめると普通に行けます・・・。

PA250012

チョイですが縞も出ていました。

こういった苗をのほほんとのんびり作るのが案外楽しめます。

これ1本だけ通販UPしますので、よろしくお願いいたします。


一昔前に泥軸泥根の「緑宝」を「紅緑宝」なんて呼び名で見たことがありますが、
実生にはよくある話で青軸青根が泥軸泥根にまたその反対も当然あります。

セルフしてもそんな感じになってしまう個体が案外多く出ます。

PA180019

この木も片親が緑宝ですが、

PA180021

泥軸になっていますので、緑宝の縞とは呼べなくなりますね・・・。

写真がツヤツヤしちゃっているのは薬を撒いたときの写真だからです、すみません。

親が上からいい柄出てきているので、面白い木になるんじゃないかと思います。

一時は緑宝の縞が韓国から大量に入ってきて、混乱していましたが、
最近はどうなんでしょうか?

「緑宝の縞」・・・当園では韓国産からかなり遅れての作出となりましたが、
又出ればUPしていきますので、よろしくお願いいたします。

PA180014

「玉聖」の虎は後々縞を期待できるだけに、作り込む楽しみが大きいのですが、
こちらは方親が金幽晃なので縞が出ることはありません。

ただ、黄虎はこちらの方が断然に冴えてきます。

この木が青海のような木に落ち着くころには、かなりのボリュームになっているので、
その気が黄金色に輝くような晴ぜかたをしていたら、かなり目を引く美術株になっているはずです。

肥料たっぷり目に採光強くがポイントです。

この木も通販サイトへUPしますので、よろしくお願いいたします。

せんだって掲載した「玉聖」の青の反響が大きく、
かなりの数をご注文いただきました。

どうもありがとうございました。

1本1本、縞が出るように「念」を入れて箱詰めしましたので、
期待を込めて作り込んでみてください。

そんな訳で玉聖の準備に追われて、少し間が空いてしまいましたが、
また、掲載していきますので、よろしくお願いします。

先日、舞鶴のコンタミ出しを載せましたところ、多数のご要望がありました。
品物はすぐに予約が入ってしまいましたので、申し訳ありません。

今度そんな苗が出るようなら、ボトルのまま発送もできる状態で販売へ向けます。
でも、たぶんその現物を手にしたら「引く」と思います。

引く・・・というのはカビの状態が醜いからですが、
慣れている私でもボトルから出すときは、いや~な気分です。

ただ、いい経験になるかもしれません。

書きながら閃きましたが、そういった動画も面白そうですね。
撮影しておけばよかった・・・。

以前はカビもよく出ましたが、作業の熟練度が増してきて、
最近はよっぽどでなければ出なくなってきました。

なんか余分な話になってきましたので、本題です。

舞鶴の縞?子付苗です。

PA200003

縞・・・というには無理がありそうな子です。

欲目で見ると覆輪になりそうな気もしますが、今のところは頑張って生きているようです。

別な1本の子にはチョイ縞が見えています。

栽培のコツは、しばらく分解しないこと!です。

この木は通販サイトへUPするよういたしますので、よろしくお願いいたします。

ここのところ通販へは積極的に出品していなかった「覚王山」ですが。

この秋には数点UPしていきます。

「覚王山」は基本斑縞ですが、

PA140024

実生なので、棒縞も出てきたりします。数は圧倒的に少ないようです。

PA140025

いろいろ作ると面白いのですが、

個人的に源平はあんまり好きではないので真っ先にUPしちゃいます。

PA140017

どう転ぶかドキドキしますよね~。

↑ の源平苗を通販UPさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

玉聖の青に関して記事を書きましたら、
何件かご依頼をいただきました、さっそくにありがとうございます。

大きさはどの程度ですかと聞かれましたので、
参考までに ↓ ↓ ↓

玉聖青3

間口4.5cmほどの2作苗です。
まあこれに縞が出てくるようですと最高なんですが・・・。

この程度のサイズで2千円ほどです。

小さいサイズでよろしければ、半作から1作苗千円~1500円程度になります。

「青」は沢山あるので、いつでもご連絡いただければ、準備します。

基本「青」は全て寄せ植え状態ですから、植え替え準備には少しお時間いただきます。

さて、本日の本題は・・・

「虎」の方です・・・。

PA140010

な~んか欲目で縞に見えたので・・・。

虫眼鏡でジックリ見てみましたが気配はないようでした。

ただこういった雰囲気の苗から作掛けて縞が出てくるケースを何点かみているので、
期待は持てると思います。

サイズが極小サイズなので、作りが難しいと思いますが、
自信のある方はチャレンジする価値はあると思います。

この木は通販サイトへUPさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。


PA140002

残念無念のコンタミボトル出し苗です。

念のため判らない方のために・・・
無菌培養中にカビが発生して、仕方なく鉢上げした苗です。

時期的にも嫌な時期ですが、これでもスチロール箱に入れ込めば、
冬季無加温でも十分越します。

ただいかんせん小さすぎるので、4~5年ほどは我慢して作り込まないとなりません。

柄が良かっただけに残念・・・

通販に使うわけにはいきませんので、店頭販売となりますが、
ご希望あればこの1鉢5本苗、1万円で販売します。


もう10年ほど前の話です。

蘭友がヤフオクで落札した「銀牡丹」なる木を持ち込みました。

「銀牡丹」って・・・???と思いましたが、
どう見ても派手な金華山にしか見えない・・・。

落札時はルビー根が出てはいたのですが、すぐに泥根になってしまったようでした。

まあよくある話なのですが、落胆した蘭友は「実生種木」にと言って当棚へ置いていってしまいました。

やけに花時期が遅い木で奄美の頃と重なるので、一度奄美の豆葉と交配させてみました。

ここ数年やっとF2を試せるまでに来たので、実生しているのですが、
一向に縞が出ない・・・。

去年の種付で「これを最後にしよう」と実生しましたら、
その中から数本だけ地味~な縞が出ました。

種木に使った柄からすると地味すぎて面白くないのですが、
奄美系の豆葉の縞は少ないと思いますので、
柄がよくなってくれたら面白い木になると思います。

その1本が ↓ コレです。

PA110006

いちおう親にも子にも縞が確認できます。

奄美系なので直ぐに大きくなります。

大柄に育った頃にいい柄でも出てくれたら嬉しいのですが・・・どうーかな???

この木も通販サイトへはUPする予定です。
よろしくお願いいたします。




先日、お客様から嬉しいお便りをいただきました!!!

3年前に販売させていただいた「玉聖」です。

DSC_0365

購入された頃は小指の先ほどの苗だった・・・とのこと。
(当時の写真を探しましたが、見つかりませんでした。)

すんごいリッパな木になってきています。

上手に作られています。

このまま2作ほどした後には、加速度付きますから、
もっといい木になっていると思います。

大事に作ってあげてください。
お写真ありがとうございました!!!

この品種欲しい方が後を絶たないのですが、
「青」ばかりで、いい木が出来なくなってしまったので、
お問い合わせをいただいてもお断りするばかりで・・・。

ただ、こういったお便りをいただくと、何か閃くんです、わたくし・・・。

一昔前に「引き寄せの法則」ってやつが流行りましたが、
なんかこのお便りが引き寄せくれてる気がして・・・。

そんな訳で、お便りをいただいてすぐに残っている同品種の「青苗」を確認に行きました。

そーしたら、なんと諦めていた青苗から縞が出てきていました。
これには驚きました。

PA110020

この木、天葉からは縞気配が無いので、継続が・・・?ですが、
十分期待していい、いける個体だと思います。

何回も書いていますが、青苗でも辛抱すれば出てくるという良い見本です。

これは、通販サイトへUPさせていただきます。よろしくお願いします。

こんな具合に「青苗」でも面白い変化がありますので、
ご希望があればご連絡ください。

数は多くても用意できます。
(あんまり数が多いようですと少しお時間いただきますが・・・。)

上の木のように親から出ることは稀です!!!
どちらかというと子に出る場合が多いので、期待するならその辺りです。

昨年までは良く問い合わせをいただいていましたが、こちらの交配品種 。

以前の記事・・・。

「大聖海」と「鶺鴒」の交配F2です。

PA060003

そろそろ奄美らしく成長してきました。
見る人によっては葉が伸びてきたんじゃ?と思われるかもしれません。
まあ、伸びては来ているのですが、奄美の豆葉らしく大型に成長していく過程です。

いまのところ縞の気配はないようです。

今年もボトル出ししたのですが、あいにく「青」ばかりでした。

ところが、ひと夏越えて4本程度の苗に黄虎が出てきました。

そのうちの1苗にナント白縞が出てきていました。

PA060006

子にチョイですので継続するかどうかが心配なところですが・・・。

この秋一番の収穫でしたので、一番記事にしました。




↑このページのトップヘ