芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

PA090005

季節外れの花芽が上がってきましたので、植え替えてみました。

曼珠沙華の三蝶咲となっていますが・・・

実はコレ・・・「朱天王」と「曼珠沙華」の交配種なのです。

「朱天王」が母親でその花へ「曼珠沙華」の花粉を入れ込んだ交配でした。

何故そんなことを・・・というと、「花魁」や「紅簪」の実生に上手く角が出なかったからです。

「曼珠沙華」のセルフは本ちゃん花が咲く確率は高くはないものの、
咲けば綺麗な三蝶咲になってくれます。

なので紅花の遺伝子を入れ込んで紅花の三蝶咲がシッカリできるようにと目論んだ訳ですが、

交配後の子供は全て白花の普通花でした。

これはF2まで来ていますが、やっと三蝶咲になってくれそうです。

ただ、蕾はどう見ても紅華ではなさそうですね・・・。

PA090004

なんか緑花でも咲きそうな色ですが・・・。

まだ何本も花待ちの木が残っているので、中にはいい花が出るかもしれません。
辛抱強く待ってみます。

さて、この初花の木はヤフオク出品しておきます。

終了は15日(日)の予定ですので花は進むと思いますが、
よろしくお願いいたします。

「花かんざし」のセルフ苗から縞が出ていました~。

PA060024

葉焼けかと思っていたら中透け気味の縞でした・・・。

天葉は覆輪風に縞が入ってきているので、中透け状態が続くというわけではなさそうであります。

さて、これにちゃんと簪が出るかという話ですが・・・。

セルフ苗はなかなか確率が低いので、そこまでは難しいかもしれません。

少し心配なのは軸の色素が薄いという部分です。

PA060028


他のセルフ苗はもっと色素が濃く、いかにも紅花品種という感じですが、
なんか少し怪しい雰囲気かな・・・と・・・。

こればっかりは咲いてみないと判らないので、ある程度は博打ですかね。


この春は玉金剛の縞を何点か鉢上げしたので、
極力店頭販売は控えめにして、秋の通販用に残してあります。

1発目は源平柄です。

PA060020

玉金剛の覆輪は最初源平だったとの話は良く聞きますが、
そんな話を聞くと欲目が働きます・・・

3本の子が青なので縞の親も成長が早いように見えます。

春出し半作とは思えないほど成長してくれました。

いつかは柄がある子も出てくることでしょう。

玉金剛の縞は徐々にUPするとして・・・

お次は「舞鶴交配の縞」です。

PA060047

少し小さいですが、コンタミボトルから真夏に出した1本です。

それでも3か月くらいは経過しているので、もう十分馴染んでいます。

子にも柄が出てきているので、期待できる1本です。

それと、お次は「大無双と大聖海」の交配種F2です。

PA060037

この苗は昨春のボトル出しで、この秋から直陽を採って黄虎を出そうと待機していたモノです。

虎が晴ぜるより前に縞が出て来ちゃいました。

積極的に陽を採って、黄虎と縞のバランスが良くなれば、
かなりの芸術株になってくれると思います。
将来性バッチシの1本であります。

更には・・・「金牡丹白縞と青海」の交配種F2!

この交配だと金牡丹芸ではなく黄虎になってしまうとは何回か書いてきました。

これもそんな1本ですが、よ~く見ると極僅かに縞が出始めていました。

ルーペで覗かないと判らない程度のものです。

PA060055

PA060054

写真ではちと?ですね・・・。

ただ、少しでも気配のある木は将来性高いですので、
おすすめの1本です。

更に更に・・・

「大無双*織姫」交配のF2苗。

この春のボトル出し苗ですが、出したときは下葉に一筋の白縞が出ていました。

PA060030

こういった苗は経験上、作りんでいると必ず縞は出てきます。

専門店の方にもいずれ出るからと勧めたのですが、鼻で笑われてしまいました。

ところが、随分と早く結果が見れそうな雰囲気になってきました。

PA060032

子の上から雪白の織姫柄が覗いてきました。

こういうのが実生やってて嬉しい瞬間です。

これがこの先どうなっていくかは?ですが、作り甲斐のある木になってくれそうです。

ただ、大無双交配の割に羅紗が抜けちゃっています。
無双系の兄弟木「紅松」風の豆葉になっています。

以上数点、通販サイトへの掲載は明日あたりになると思います。

メルマガ登録されている方へは、UP後すぐにメールを飛ばしますので、しばらくお待ち願います。




P7290300

今年、案外いい花が咲きましたので掲載しておきます。

片親は「翡翠」です。

もう片親はとりあえず伏せておきますが、濃い紅花品種というわけではありません。

ベースは緑花で距がかなり濃い紅色になっています。

花弁先にもそこそこの濃さで紅をさしているので、コントラストが美しい花になっています。

木自体がかなり色素の濃い木で烏に近い葉です。

確か昨年同じ木を販売した覚えがあるので、購入された方は花を楽しみに待ってください。

同じタイプの木が他には無いので、販売ができませんが、

また、同じタイプの木が生まれたら販売しますね。


すっかり朝晩が涼しくなりました。

もうたっぷりと水やりしても平気な気候になりました。

実生苗はもう少し(ほぼ一か月)の間、施肥して管理してください。

そうすることで冬を元気に乗り切れます。

さて、お休みしていた通信販売ですが、そろそろ再開します。

今日から水苔の準備を始めました。

明日から通販用の植え替えなども始めますので、週末頃には数点UPできると思います。

秋の売り物は主に今年の春出し苗になります。

春のボトル出し時に1本植えしてある苗はそのままUPします。

若干苔が汚れてきていて、新しい根も外へ伸びていますが、
春まではそのままの管理がよろしいかと思います。

汚れた苔には夏までの養分がたっぷりと残っていますので、
我慢して植え替えなさらずに置いてください。

それでは今季もよろしくお願いいたします。

いつもご利用ありがとうございます。

梅雨も明けて猛暑続きですが、皆様バテていませんか?

私は若干バテ気味です・・・。

今年は花が遅かったので、交配作業がまだ続いています。

奄美は8月にズレこみそうです。

何点か通販へUPする予定でしたが、気温があまりにも高いので、
今回はこれで終了します。

秋の再開は10月以降となりますが、春出しの苗をどんどんUPしますので、
しばらくお待ち願います。

それではみなさん良い夏をお過ごしください。

黄花「猩黄」に濃いめの紅花を掛けたF2です。

P7060003

黄花ベースに紅が濃くのるいい花が咲いてくれました。

名前でも考えてみます。

P7060017

P7060018

10年掛かりましたが「胡蝶の舞」の実生木に花を確認しました。

大好きな品種なので、かなり嬉しいです。

春先に掲載した「奄美の白縞」ですが、新根が綺麗なルビー根でした。

とりあえず販売はせずに少し作り込むことにします。

以前の記事で価格まで掲載していましたので、念のため書いておきます。

P7060013

ここのところの高温で根が止まりました。

何故か子が1本中透けになっています。

P7060014

これも今までにない特異なケースです。

なんかいろんな芸を秘めた珍品になりそうです。

今日は暑いです・・・

午前中の仕事で既にバテてしまいました、昼寝でもしたい・・・。

さあ、そろそろ全体的に花が咲きはじめました。
皆さんの処はいかがでしょうか?

昨年の資料を見返してみたら、ちょうど1週間ほど遅れているようです。

そろそろ今年も交配の準備に入ります。
実生屋の当園では一番気を使う時期です。

そんな訳で花物を整理していたら一際目立った1本。

P7010006

「紫姫」だったかな?とラベルを見たら・・・

「杏丸*紅簪」でした。

こうなるともう手に負えません・・・。

洋種交配には困ったな。。。

P6220011

ご覧のとおり派手派手の小苗です。

これでも鉢上げ後3年の月日が経過しています。

派手すぎて一向に成長できないタイプでありますが、この品種派手でも枯れません。

お勧めは写真のように寄せ植え管理すること!
これ案外重要なポイントです。

できれば、5000倍くらいの液肥をせっせと与えてください。

1万倍程度にして水やりの度に与えるのも有効です。

いつか緑素が出てくるはずですから、辛抱強く待てる方にお勧めしておきます。

せっかちはいけません・・・

それでは1苗づつへ寄った写真も載せておきます。

P6220007
P6220006
P6220005
P6220004

このセットは通販サイトへUPしておきますので、よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ