芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

「曼珠沙華」も1代目はかなりの大株になりました。
誰も実生とは判らないほどの木になっています。
奄美だと大きくなれば特にそうです。

(あっ写真忘れた・・・。)
(花時期にでも撮って入れておきます。)

今はそこから種を採取して孫の世代となってきました。

1代目ではルビー根の個体が僅かに作出されて人気がでましたが、
孫の代でもちゃんと出るようです。

P5120024

親木に使用している根は泥根なんですけどね・・・。

花物はできれば2作は植え替えない方が花が早く咲きます。

なので、この苗は植え替えせずにこのまま出品します。

昨年のボトル出しからたっぷりと施肥してありますから、
なるべくなら今年いっぱいはこのままで置いてくださった方がよく育ちます。

苔の汚れがどーしても気になる方は植え替えてくれて構いませんです。



昨年の秋に記事にしたのと同じ兄弟木です。

現状では縞は出ていませんが、出る可能性が高いと感じています。

これまた昨年の記事ですが、復習してみてください。

P5120039

豆葉と縞木との交配F2で虎に出た苗は将来性が高いという判断をします。

ちょっと小さくて怖い苗ですが、1作しましたので十分いけます。

あとはじっくり構えるだけです!!!

P5120008

いい感じになってきている苗を見つけましたのでUPさせていただきます。

1本は墨が雰囲気よく出ている木です。

P5120011

これに縞が出てくるようなら文句なしですが、まだ判りません。

縞の木も用意したのですが、いまだ動いてきていませんでしたので、
少し様子見てからのUPにします。

「覚王山」は無双丸と大和錦の交配種F2ですが、
実験的に大無双と日本錦を交配してみました。

P5120004

「大無双」のように迫力ある豆葉にはならずに、地味柄の覚王山のようになってしまいました。
数は数本しかできずに終わっています。

面白いのは「青軸青根」になっているところです。

縞も斑縞というよりは白縞棒縞のようにも見えます。
また立で一筋ですから、先は判りません。

じっくり作り込んで楽しみたい1本です。



かなり前に記事にした記憶がありますが、
いつのことかは思い出せずにいます・・・。

また思い出したらリンク貼ります。

実生の仕事を始めた頃にせっせと豆葉と覆輪を交配させていたことがありました。

単純に豆葉の覆輪を作りたかったとい事ですが、
まあそんなもんは簡単には出来るわけもなく、
何年か掛けた苦労は報われなかったのですが、
F2まで来ると面白い副産物が生まれることを知りました。

それが縞個体です。

豆葉と覆輪を交配させてF2まで持ってくると、
「豆葉の縞」が出来る・・・というわけです。

ただ上柄は望めず、かなり地味な柄ばかりでしたので、
今では時々しか実生していません。

久しぶりにちょい柄がでてきていたので、
2本ほどUPさせていただきます。

P5120049

P5120054

白縞っぽいので、面白いと思います。

タイトル通り「玉金剛」との交配です。
相手の覆輪は忘れました・・・



この春に出した苗についてお問い合わせをいただきましたので、
ざっと書いておきます。

例年通りの品種では・・・

「玉金剛の縞」

「緑宝の縞」

「松の誉の縞」

「舞鶴の縞」

「淀の松の縞」

新しい品種では、

「奄美豆葉の白縞」 ↓ ↓ ↓

P5070002

P5070004

派手ですが周りの青芽に助けられているようですね!

「牡丹錦と金牡丹白縞の交配種F2」 ↓ ↓ ↓

P5070007

P5070008

恐らくちゃんとルビー根で出ると思います。

3年ほど前に出来ていたのですが、ほとんどが培養中に枯死しました。
どうにか頑張って残った苗が20本程度でした。
培養中に瓶の中で枯れるというのは、とてつもなく弱い木ですから、
鉢作りできるかどうかという部分があります。
ひと夏は経過観察したほうがよさそうです。

あと久しぶりに「玉聖」を出せましたので、おさらいしておきます。

お客様から「本に掲載されていた名前の読みがぎょくせいになっていたが、どちらが正しいのか?」

とお問い合わせもいただきましたが、作った本人(私)はずっと「たまひじり」と呼んでいます。

名前が独り歩きしてきているようです・・・。

個人的はどちらでも構わないのですが・・・いちおう書いておきます。

あと、この冬から春にかけて何件か同じようなお便りも来ました。
内容はいずれも同じ用件で、

他から「玉聖」を入手したが本物か?というお問い合わせ・・・。

当園では青海交配で寒霞渓・夕月・金牡丹などを絡めていますので、
黄虎に出て青海型になっていれば区別は難しいです。

「玉聖」は何年か作っていれば縞が出る可能性がありますが、
黄虎品種と交配させたモノはいくら待っても縞は出ません。

この辺りはずるい方がいるようで、本に掲載されたとなれば、
「玉聖」にラベル替えた方が高く売れるということで、
勝手なことをしているかたもいるかもしれません。

「玉聖」は何回も書いている通り「大聖海*青海」の交配種F2です。

これで出来る苗は「青」「縞」「黄虎」「幽霊」などがあります。

ちょうど今年は全て鉢上げ出来たので写真を載せておきます。

まあ「青」はいいとして、縞です。

P5070012
P5070013

そしてほぼ「幽霊」の苗。

P5070011

これを虎と勘違いすると大きな間違いです。

これを作れる方はほぼおりません。
当棚で縞が出るまで辛抱するしかありません。
私もひと夏越せるかどうかチト不安です。

あと、黄虎タイプ。

P5070010

出したての苗は判断が難しいですが、私は何本も見てきましたから、
これが日を採れば晴ぜる個体という事はすぐに判ります。

安全に半作は陽を採りません。

作るのに一番楽しみなのが虎のタイプじゃないかと思います。

徐々に晴ぜていく姿といつ縞が出るだろうという楽しみとがあります。

あとは久しぶりに花物のF2苗「紅陽*夕映」なんかも出してみました。

また、気が付いたら掲載します。


お世話になります。

すっかり更新を怠けてしまいました。

今季のボトル出しもそろそろ終了です。

今季は「玉金縞」「淀縞」「松の誉縞」「舞鶴縞」「牡丹錦交配」などが出ています。
久しぶりに「玉聖の縞」も出せました。

いずれも玉数は僅かです。

このGWに通販の品物を物色して準備いたしますので、連休明けにはUPできるかと思います。

昨年にボトル出しして売れ残っていた豆葉の縞などは、冬場に店頭で売れてしまいましたので、
ちょい縞でも出ている個体がないか探してみます。

ここ数日何件かお問い合わせをいただきましたので、書いておきます。

この春にボトル出ししたばかりの苗は半作しなければ通販へ掲載しません。
新しく出た豆葉の縞などは秋以降の通販UPとなります。


店頭ではすでに販売開始していますので、よろしくお願いいたします。

普段は作場にいませんので、ご来園の際は必ず事前に予約してくださいね!!


DSC_0038


明けましておめでとうございます。

元旦に焼津港から撮ってみました。
連日、富士山がハッキリと見えて暖かいお正月でした。
皆さんはよいお正月でしたか?

当園では昨年の秋に撒いた種の移植を始めました。
今年は皆さまからのご希望の多い「玉聖」を徹底的に拾ってみようと思います。
結果が出るのは来年ですが、楽しみにしていてください。

先日、多肉の事を書きましたら、早速ご連絡をいただきました。
経過を詳細に掲載して欲しい・・・とのこと。

本業ではないので、どこまで掲載できるか判りませんが、
どうにかがんばってみます。

現状は、フウランの種まき培地に多肉の種を殺菌して撒いてあります。

当然、フウランの培地とは合う合わないがあるでしょうから、
何種類か組成を変えて撒いてみます。

さてさて上手く出てくれるでしょうか???

ストップしている動画もUPするよう努めますので、
お暇なときに覗いてあげてください。

それでは今年もよろしくお願いいたします。


知り合いに多肉植物の種をもらいました。

以前リトープスという品種の種をもらったことがあって、
土に実生してみたことがありました。

PC020001

何もわからず手探りで土に撒いたのですが、案外アッサリと芽が出てしまって驚きました。

PC030008

こんなやつ ↑ ↑ ↑ ですが、奇妙ですよね~。
これ花が咲くんですよ。
花色が綺麗なやつは本当にかわいい。

多肉は老若男女層が厚いので、作れば作っただけ売れると聞いたことがあります。

今年は隣町藤枝の栽培家の方が盗難にあったと報じられていました。
何回かやられて総額1億だそうですが・・・。

なんでも中国で人気で日本の10倍の値段で売れるそうです。

多肉の実生はあんまり簡単すぎたので、興味もなかったのですが、
せっかくいただいたので、今度は無菌培地に撒いてみようかと思います。

土に撒いて簡単に発芽するなら、わざわざ無菌にしなくとも・・・と思いますが、
無菌培養の状態で土でのそれと生育に違いが出るか実験してみます。

なんか新しいことを始めるとワクワクしますんで楽しいです。

少し間が空きまして、すみません。

今年撒いた種を来年年明けから移植するのですが、
その準備やら青色申告会での会計確認やらで少しバタバタしていました。

このブログ今年も見ていただけて感謝しております。

今年の最後に何かUPをと思っていましたが、
ネタも切れて大したものは準備できませんでした。

でもどうにか3点ほどUPします。
今年はこれで最後となります。

まず1点は、「覚王山」の最上柄。

PC180022

最近ではなかなか手に入らないと思います。
クリスマス価格でUPしておきます。

更に「玉金剛」のちょい縞。

PC180014

お取り置きしていた苗でしたがキャンセルが出たので・・・

上から2枚目の葉の裏に縞が確認できますが、表からだと判りません・・・

PC180016

いちおうこの先に期待していただくとして・・・。

3点目は、卑弥呼本性割子と吟風交配のセット品です。

PC180032

↑ 本チャン、今春の割子。根は3本。

PC180027

↑ これが交配種の方です。

前にもUPしましたが吟風は縞でしたので、
それを引き継いで1本だけ縞の個体(容姿は卑弥呼風)が出ました。

今は青しか在庫が無いので、本チャンと見比べて作り込むのが楽しいと思います。
子が多く出るようなら、いつかその中から縞も出てくるかもしれません。

以上の3点です。
少なくてすみません。

発送は28日を最後としますので、前日くらいには通販サイトは閉めさせていただきます。
掲載時間も短くてスミマセンがよろしくお願いいたします。

来年は出来るだけ早めに通販を再開するよう努めます。
春先にはボトル販売もやろうと思います。
その際はブログへUPしますので、そちらもよろしくお願いいたします。


↑このページのトップヘ