芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

少しばかり関東方面へ出かけていました。

なかなか寒かったですが、今日は打って変わって20度以上の気温・・・
明日からは冬並みの低温らしいので、皆さん体調管理にはおきをつけくださいませ。

さて、タイトル通りですが、お知らせしておきます。

当ブログに「メッセージ」欄を設けていましたが、行き違いも多いので廃止させていただきます。

何かお問い合わせ等ありましたらメールにてお願いいたします。

つい先日も「舞鶴縞のコンタミ出し苗」について、メッセージをいただいておりましたが、
記載されていたメールアドレスには返事が送れませんでした。

メッセージいだいた方のために念のため書いておきます。

その後の記事にも書きましたが舞鶴のコンタミ苗は既に売れています。
よろしくお願いいたします。

舞鶴のコンタミ苗はかなりの反響でしたので、
何か代わりになるものを・・・ともっか考え中です。
いましばらくお待ちください。




今日はポカポカと暖かい日でホッコリします。
こんな日は温室を閉めて外出すると、
意外と高温になっていて驚きます。

皆さんも体調やら風蘭やらなにかと温度管理には気を付けてください。

そろそろ冬越しの準備に入る方もいると思います。
実生品の冬越しについては何回か書いてきましたが、
いつでもご質問等受けますので、お気軽にお声掛けください。

さて、急ですが来週の後半(16日~20日)は臨時休業させていただきます。

通販サイトの商品はそのまま置いておきますが、
こちらからの受注メールや発送業務は止まりますので、
よろしくお願いいたします。

第4週からは通常業務に戻ります。
また何か面白そうな木が残っていないか探しておきます。



今年の夏ごろ、確か8月だったと思いますが、初めてメッセージを投稿された方がおりまして、
内容は実生に関してのアドバイスお願いしたいとのことでした。

夏場はメールも来ないのでメッセージを発見するのに遅れてしまって、返信も遅くなってしまいましたが、
とりあえず「何かお役に立てれば・・・」との内容でメールを送りました。
その後、音沙汰がないのでどうされたかな?と・・・。

そのお方は既に70歳を超えているという話でした。

私も数年で還暦ですが、近ごろは老眼の進行が激しくて、移植作業に支障が出ています。

70歳を超えてからの実生作業は、なかなかしんどいと思いますが、
もしこれをご覧になっていたら、どうか頑張ってください。
私もまだまだ頑張らねばと励みになります。

私的にはこの仕事が出来なくなるまでに1回は「豆葉の覆輪」を作出したいと考えています。

毎年、良さゲな苗を見つけると今年こそは!と思うのですが、なかなか思い通りには行きません。

最近、一番期待したのが ↓ この「覚王山」でした。

PB090060

無菌培養の初期段階で、完全に覆輪だと感じました。

PB090054

PB090055

PB090056

この辺りで「あれ、ちょっと散ってきちゃったかな~」と・・・。

PB090057

PB090058

PB090059

↑ 現在の天葉ですが、ここまできちゃうとチト諦めモードです・・・

もう一度いい変化が来ることを祈って、販売へ回そうと思います。

今週中には通販サイトへUP出来ると思います。

夢を追いかけたい方どうぞ!

PA310024

まだ出来て日が浅い品種です。

今年面白い発見がありました。

白虎狙いなのに、黄虎になってしまう個体があるということです。

↓ 黄虎になってしまった木・・・。

PA310032

多分炙ればどんどん晴ぜてくると思います。

同じ種からの兄弟木で今年は瓶出しを見送った個体には縞もあります。

PA310007

こちらの期待としては、これに白虎天の川芸がでれば、最高に面白いと思うのですが、
そこまではどうかな???

今回は、白虎芸の苗と黄虎芸の苗を1本づつUPさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

以前はお問い合わせも頻繁にいただきましたが、最近はさっぱりで若干忘れられた品種なのかな?

PA310006

「日月光の縞」です。

PA310005

出来たのは12、3年前でしょうか。

その後は出来ていません。

この木も毎年花を付けるのでセルフを試みるのですが、発芽したことが無いという状態です。

割子で増殖するしかないのですが、これが子にはなかなかいい縞が出てこない・・・。

久しぶりに眺めたら、子が独立しても十分いけそうな雰囲気でしたので、外してみました。

PA310035

縞もハッキリしていないのですが、あるにはあります。

PA310036

以前外した子は全くの縞気配無の子でしたが、子に縞が出てきたと喜んでいただけましたので、
作り込んでいれば、吉報も期待できると思います。

この木は通販サイトへUPする予定です。
よろしくお願いいたします。

続き・・・というか別物ですが・・・。

PA250002

PA250001

いつ頃だったかな~・・・。

確か冬だったと思います。コンタミ出ししたチッサイ苗です。

まあ、ボチボチ根が伸びてきたんで行けると思います。

PA250004

本当はもう少し大きくさせてから普通に販売しようかと思いましたが、
前回のコンタミ苗の反響が大きかったので、このあたりで出しちゃいます。

1本は「舞鶴交配」です。

PA250006

源平柄です。

2本は玉金剛です。

PA250007

これはちと難しいかもしれませんが覆輪になりそうで、ムヒヒとにやけ顔になりそう・・・。

PA250008

もう1本は大きくなったらいい木になると思います。
チッサイながらも株立です。

以上、明日25日のUPになりますので、よろしくお願いいたします。

以前の記事です。

「大和の剣」

このプロコーム苗がやっとこさ少しだけ大きくなりました。

PA250010

PA250014

プロトコームからですと成長が遅くて嫌になりますが、
どこかで勢いが付きはじめると普通に行けます・・・。

PA250012

チョイですが縞も出ていました。

こういった苗をのほほんとのんびり作るのが案外楽しめます。

これ1本だけ通販UPしますので、よろしくお願いいたします。


一昔前に泥軸泥根の「緑宝」を「紅緑宝」なんて呼び名で見たことがありますが、
実生にはよくある話で青軸青根が泥軸泥根にまたその反対も当然あります。

セルフしてもそんな感じになってしまう個体が案外多く出ます。

PA180019

この木も片親が緑宝ですが、

PA180021

泥軸になっていますので、緑宝の縞とは呼べなくなりますね・・・。

写真がツヤツヤしちゃっているのは薬を撒いたときの写真だからです、すみません。

親が上からいい柄出てきているので、面白い木になるんじゃないかと思います。

一時は緑宝の縞が韓国から大量に入ってきて、混乱していましたが、
最近はどうなんでしょうか?

「緑宝の縞」・・・当園では韓国産からかなり遅れての作出となりましたが、
又出ればUPしていきますので、よろしくお願いいたします。

PA180014

「玉聖」の虎は後々縞を期待できるだけに、作り込む楽しみが大きいのですが、
こちらは方親が金幽晃なので縞が出ることはありません。

ただ、黄虎はこちらの方が断然に冴えてきます。

この木が青海のような木に落ち着くころには、かなりのボリュームになっているので、
その気が黄金色に輝くような晴ぜかたをしていたら、かなり目を引く美術株になっているはずです。

肥料たっぷり目に採光強くがポイントです。

この木も通販サイトへUPしますので、よろしくお願いいたします。

せんだって掲載した「玉聖」の青の反響が大きく、
かなりの数をご注文いただきました。

どうもありがとうございました。

1本1本、縞が出るように「念」を入れて箱詰めしましたので、
期待を込めて作り込んでみてください。

そんな訳で玉聖の準備に追われて、少し間が空いてしまいましたが、
また、掲載していきますので、よろしくお願いします。

先日、舞鶴のコンタミ出しを載せましたところ、多数のご要望がありました。
品物はすぐに予約が入ってしまいましたので、申し訳ありません。

今度そんな苗が出るようなら、ボトルのまま発送もできる状態で販売へ向けます。
でも、たぶんその現物を手にしたら「引く」と思います。

引く・・・というのはカビの状態が醜いからですが、
慣れている私でもボトルから出すときは、いや~な気分です。

ただ、いい経験になるかもしれません。

書きながら閃きましたが、そういった動画も面白そうですね。
撮影しておけばよかった・・・。

以前はカビもよく出ましたが、作業の熟練度が増してきて、
最近はよっぽどでなければ出なくなってきました。

なんか余分な話になってきましたので、本題です。

舞鶴の縞?子付苗です。

PA200003

縞・・・というには無理がありそうな子です。

欲目で見ると覆輪になりそうな気もしますが、今のところは頑張って生きているようです。

別な1本の子にはチョイ縞が見えています。

栽培のコツは、しばらく分解しないこと!です。

この木は通販サイトへUPするよういたしますので、よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ