芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

毎年花の季節にお問い合わせをいただくのが「曽根緑ありますか?」
というお問い合わせ・・・。

以前のブログでも書いていますので、詳しくは省かせていただきますが、
参考までに花色の違いを写してみました。

少し時期がずれていますので、写りが判りにくいかもしれませんが。。。

【比較的通常の花】

P7180012

【まあまあ濃い部類の花】

P7180013

恐らく ↑ ↑ ↑ こういった発色の「翡翠」が「曽根緑」と言われているように思います。

当園でも種木に残してあるだけですが、売れるような木が出れば、
花時期以外でも販売へ向けますので、花ファンの方はお見逃しなく!

念のため書いておきますが、緑花品種は陽を採りすぎると綺麗な色になりませんので、
棚で色が変わったという事にもなってきます。
そのあたりは試行錯誤していい色が出るように採光を工夫してください。
紅花や黄花は逆です!陽が明るい方が鮮やかに出たりしますので、作りの参考にしてください。

現状ではもっと濃い緑を!!!と交配を重ねているところですが、
なかなか簡単には出ませんで、花物の色を交配でコントロールするのはむちゃくちゃ困難であると感じています。

P7080014

基本的に派手柄ですが、面白い柄の入り方をしています。

P7080015_1

親の下葉が焼けていますので、安く出します。

子は3本、青の子と派手な子と地味柄の子です。

「覚王山」はなるべく子を外さず作り込むことをお勧めしています。
培養時から気が付いていましたが、かなり子吹きが悪い部類に入ります。
売り出し当初は子を外して転売していた方が多くいましたが、
その後、子が出ずにもヤモヤしている方が多いようです。

当園ではその後種は撒いていませんので、在庫が無くなれば以降は出てきません。

4~5年作れば巾が出て見ごたえのある木になるはずです。
株立ちならなおの事です。

当園でも数鉢は残す予定です。

今じっくりと施肥して作り込んでいる最中です。
数年後作り込んだ木を掲載したらみなさん驚くと思います。
これが「覚王山」だと言える木をお披露目できる日が楽しみです!



「司光殿」・・・投げ売りのヤフオクにも出てこないような品種ですが、
かなり以前にセルフした品種です。

親とは似ない派手な苗が2本だけ取れていました。

P7150047


派手すぎてなかなか大きくなりませんが、実生で生まれた珍品種と言っていいと思います。

1本は種木に確保しておきますので、販売できるのはこれ1本のみ!
作り込めば面白い木になりそうな雰囲気です。



「黒牡丹セルフF2」にちょい縞を見つけました!!!

sirosima

ほんのチョイですが・・・。

sitaha

どうやら下葉から出てきていたみたいです。

yogore

汚れ具合も私好みですので先々楽しめそうです。

柄の将来はちょっと判りませんが、柄が消えたとしてもいい木になりそうな予感がします。

個人的には大いにお勧めの1本です!!!

ようやく花物出荷と交配作業が一段落つきました。

更新も止まってしまいましたが、今季あともう少しだけUPできると思います。

今年も夏季の間は輸送を控えますので、通信販売は一旦お休みとさせていただきます。

一応予定では今月29日辺りを最後の出荷とさせていただこうと思います。

特別なご要望がありましたらそれ以降でも受けますが、31日~出張に出ますのでお早目にご一報ください。

本日は取り急ぎ夏季休業のお知らせまで。。。



P6160016

題名通り「富嶽」と「緑宝」のF1交配種です。
ポイントは1代目ということ!

1代交配で緑宝が出ることが珍しいのですが、1本だけちょい縞も出ました。

今残っているのは青のみが数本です。

写真の2本は方や泥軸泥根、方や青軸青根となっているようです。

P6160022

P6160024




ここから縞を期待するのは難しいと思いますが、
単純に緑宝と比べても少しばかり容姿が異なるので、ちと面白いかと・・・。


P6160037

極小の豆葉です。
昨春のボトル出しですが昨年は怖くて売れませんでした。
どうにか新根も動いてきましたが、まだまだ適当には作れません。

でも、面白そうな1本です。

品種は「無双丸*卑弥呼」のF2苗です。

どちらにも似ていませんが、どこかで急に成長しだすと変化も見られるかもしれません。
こういった変わり種が生き残ると1点モノの珍品として評価されたりします。

個人的に大好きな洋種交配の「京美人」ですがセルフすると黄花が出たりして不安定です。
そのあたりは洋種交配の難しいところです。

P6160008

この辺りは成功した例ですが、花まですこぶる時間が掛かります。

P6160014

これ ↑ ↑ は元々色素が濃く面白い木だな~と観察していました。

P6160013

新葉よりも落ちる下葉のスピードが早く、なかなか落ち着きませんでしたが、
ようやくまともに作れそうな段階に入りました。

後はどんな花が咲くか楽しみに待つだけですが、どうかな?

P6160031

こちらは昨春の鉢上げ品!
「翡翠*天紅梅」のF2交配種です。
天紅梅に良く出る烏葉ですが、これはまだ薄い方です。
多分、徐々に色素が濃くなると思いますが、花が楽しみな1本です!

以上、2鉢分を通販サイトへUPさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

御簾影*金牡丹白縞のF1種木です。

P6160051

まだF1なので今後の実生が楽しみな1株です。

P6160050

縞が出たのは確かこれ1本でした。
やっと花芽が上がってきました。

P6160049

綺麗な白縞ですが根は単純な泥根!

もちろん金牡丹の芸は全く出ていません。

こちらも重要種木の内ですが、面白いのでUPさせていただきます。

↑このページのトップヘ