芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

P6160016

題名通り「富嶽」と「緑宝」のF1交配種です。
ポイントは1代目ということ!

1代交配で緑宝が出ることが珍しいのですが、1本だけちょい縞も出ました。

今残っているのは青のみが数本です。

写真の2本は方や泥軸泥根、方や青軸青根となっているようです。

P6160022

P6160024




ここから縞を期待するのは難しいと思いますが、
単純に緑宝と比べても少しばかり容姿が異なるので、ちと面白いかと・・・。


P6160037

極小の豆葉です。
昨春のボトル出しですが昨年は怖くて売れませんでした。
どうにか新根も動いてきましたが、まだまだ適当には作れません。

でも、面白そうな1本です。

品種は「無双丸*卑弥呼」のF2苗です。

どちらにも似ていませんが、どこかで急に成長しだすと変化も見られるかもしれません。
こういった変わり種が生き残ると1点モノの珍品として評価されたりします。

個人的に大好きな洋種交配の「京美人」ですがセルフすると黄花が出たりして不安定です。
そのあたりは洋種交配の難しいところです。

P6160008

この辺りは成功した例ですが、花まですこぶる時間が掛かります。

P6160014

これ ↑ ↑ は元々色素が濃く面白い木だな~と観察していました。

P6160013

新葉よりも落ちる下葉のスピードが早く、なかなか落ち着きませんでしたが、
ようやくまともに作れそうな段階に入りました。

後はどんな花が咲くか楽しみに待つだけですが、どうかな?

P6160031

こちらは昨春の鉢上げ品!
「翡翠*天紅梅」のF2交配種です。
天紅梅に良く出る烏葉ですが、これはまだ薄い方です。
多分、徐々に色素が濃くなると思いますが、花が楽しみな1本です!

以上、2鉢分を通販サイトへUPさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

御簾影*金牡丹白縞のF1種木です。

P6160051

まだF1なので今後の実生が楽しみな1株です。

P6160050

縞が出たのは確かこれ1本でした。
やっと花芽が上がってきました。

P6160049

綺麗な白縞ですが根は単純な泥根!

もちろん金牡丹の芸は全く出ていません。

こちらも重要種木の内ですが、面白いのでUPさせていただきます。

先に掲載させていただきましたお二人の「幽谷錦」セルフですが、
当棚にもまだ残してあります。

P6160055

今回のご報告でちゃっかり札替えちゃったりしてますが・・・。

一度でもセルフするなり「幽谷戻し」するなり試してみようかと考えています。

ついでに本ちゃんと比べてみましょうか・・・。

P6160053

いやはや全くの別物です・・・。
実生って面白いです。

いつも書いてますが、セルフであっても実生したモノは本ちゃんとは別物と考えたほうがいいです。
青軸青根がセルフで泥軸泥根に、またその逆も頻繁に起こります。

洋ランなんかは実生品についてはシビアな取り扱いがされているようですが、
富貴蘭についてはゆるい部分がありますんで最低限「実生品」は「実生品」と明確に記すべきです。

そんな訳で少し割ってもみましたんで、販売へもUPします。

P6160061

これなんかは木姿が幽谷に近いのでしょうか?
まだウブな割子なんで判りませんが・・・。

写真楽鉢の木は重要種木ですので、実生するまではどうにか残したいのですが、
賑やかしに高めの値段設定でUPさせていただきます。



【目肥え】・・・なんだそりゃ?
そういう声も聞こえそうですが・・・。

何回かブログにも書いてきましたが、よく見てあげることが一番の肥料になるという事です。

私は高校の3年間農業を学びました。
風蘭栽培はカリキュラムにありませんでしたが、
果樹、花卉、野菜、水稲、養鶏・・・いろいろと経験しました。
自慢じゃないけど、今でも野菜は無農薬無化学肥料でりっぱに作れます。

農業を学ぶ場合本家本元の農家へ実習に出向くというのは大いに勉強になります。
私も何回か農家へおじゃまして実体験を経験しました。

その中、1件の果樹農家へお邪魔した時に驚いたことがありました。
そのお宅の御主人は日々木々に声を掛けていたのです。

こうしてあげるといい果実が採れると言われていました。
当時、若かった私は「そんな馬鹿な」と腹の中で笑いました。

でも後々、真剣に作物と向き合う方ほど同じようなことを口にする事に
気が付きました。

高校卒業後、道を180度方向転換して、今でいうIT系に進みました。
就職したのも通信事業会社でした。
作物とは全く無縁の人生を送っていましたが、
やはり縁があったのかこの仕事に着くことになりました。

そして作物と真剣に向き合うようになって、様々な気づきに出会いました。
植物が人間に教えてくれることが多々あるのです。

今では植物にはそれなりの意思があると思っています。

近くのイチゴ農家の方がイチゴにモーツァルトを聴かせています。
そういった話は一種胡散臭く必ず「イチゴに耳があるのか?」と言われる方が出てきます。

イチゴに耳があるはずはないのですが、音楽としての波動を感じ取っていたとしたらどうでしょうか?
モーツァルトは自然界からの波動を感じて楽譜を起こしたという話もあります。
我々も全て波動を持っています。
石ころも人工的に作られた家具や家電製品も全て独自の波を持っています。
それが合う合わないという事も当然あります。
人と人とも波動が合わなければ、判りあえませんが、植物と人とも同じだと思います。

ですので、フウランも自分の世話をしてくれる人が誰なのか判っていると思います。

私が縞の可能性がある青の豆葉を販売するときに、
「縞出ろ出ろと声かけてください」などと言ったりします。
お客さんは笑って帰りますが、ほとんど本気で言っています。

まあ声を掛けないまでも目は掛けてあげてください。
日々よく見ていると必ず何かに気づくことがあります。
見れば見るほど気づきは沢山出てきます。
本気で実践した人しか判りません。






またまた、嬉しいお便りいただきました。

以前に幽谷錦セルフで生まれた白縞の個体ですが、これがかなりきれいになっ
てきています。
親は覆輪になるかもと思っています。

勝手に綺羅錦と名付けて愛培しています。

良かったらブログ参考にしてみてください。

http://fuukiran.exblog.jp/24013445/

これはまた美しき名をいただきました!
どうもありがとうございます。

グッドタイミングにも同じ兄弟木のその後を別なユーザー様からもご報告頂きました!!!

お世話になります。
以前ヤフーオークションでお世話になりましたOと申します。
突然すいません。
2008年10月21日に落札させて頂きました幽谷錦実生の報告です。
今も元気に育っております。

幽谷3

7年経過したってことですね~。
感慨深いです・・・。
流石に作り込むともっさもっさですね・・・。

幽谷1

綺麗な柄の割子ですかね?
スッキリしたようです!!!

image4

なんかこの木も覆輪になりたがっているように見えますが・・・。

覆輪になれば綺羅覆輪でしょうか???

作り込でもなかなか)いい柄が出ることは少ないようです。
柄が派手になると根も綺麗になるので、
本性と比べても観賞価値が高いと思います。

種木として当園に残っている親もそろそろセルフできる頃ですが、
セルフしたら幽谷そのまんまに戻ってしまうかもしれません。
このままが面白そうですね~。


いつもご利用ありがとうございます。

今月6月24日(水)~28日(日)までの間、臨時休園とさせていただきます。

その間の発送業務はできませんので、商品の到着日を指定される場合、
25日~30日までの指定はお受けできませんので、ご了承願います。

その間のメールでのお問い合わせもすぐには返事ができませんので、
よろしくお願いいたします。

こういう仕事をしていると一番うれしいのがお客様の「声」です。

店頭販売でしたらダイレクトに「声」をいただけるのですが、
通販ですと販売した木がどうなっているのか気になってしまうものです。

そんな中でで今週はお客様から写真つきのメールをいただきました。

【お客様からのメール・・・兵庫県Hさまより】

4年前に曽根様で買いました『無双丸*卑弥呼』です。

最初は黒隅のある色素の濃い木でしたが、

見事に樋葉に変化していってます。

またこれから、この6年後が楽しみです。

Ko 黒龍丸 20150608 DSC_0003

とのこと・・・・・・。

4年前に通販で販売した木が面白い木になってくれているようでした。

会社勤めと違って、仕事はいつも一人でもくもくとこなしているので、
こういった「声」をいただくのが一番の励みになります。

Hさんどうもありがとうございます。

もしよろしければ、皆さんもこんなお便りください。

多分、実生品を作っている方の参考にもなると思います。

ブログに掲載させていただいた方には当園の割引クーポンをプレゼントさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ