芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

PA160019

昨年の秋に掲載した木と同じものですが、こちらは今春のボトル出し苗です。

PA160014
PA160012

この時期は既に止まりそうで、根色もイマイチ冴えませんが、
来年は綺麗に動いてくれると思います。

ただ、金牡丹同様に動いたかと思うとすぐに止まっちゃうのでなかなか気難しい・・・。

春先には柄ももっと綺麗でしたが、半作して落ち着いてきちゃいました。

PA160009

私もどうすれば一番上手く作れるかいろいろ試して行きますので、

こちらの品種を入手された方も試行錯誤してみてください。

恐らく「極力暗めに」作ったほうがいいのかもしれません。

数は無いので、今回はとりあえず1本だけUPさせていただきます。

来年には、立ち上がり「金牡丹芸」で出てくるタイプの苗も出せそうです。

PA170004

(ボトル越しだと分かり難いですかね・・・。)

青苗の白縞なんかもあったりするのでバリエーションがどんどん増えそうです。

専門店の方からは「仮名」を考えてくれ!と言われているのですが、
なかなかいい名が思い浮かびませんで・・・。

こういったときセンスのある方はいい名を付けるんですけどね~
私的には全くセンス無いので・・・。



PA160034

PA160045

ルビー根の建国殿縞の実生木を2本。

最初に実生したのは、かなり前のことです。

ルビー根の建国殿縞 ⇒ その実生木 ⇒ そのまた実生木

今回の木は「そのまた実生木」となります。

1本はボチボチいい縞が出ています。
今年2作目に入りました。

少しだけ葉傷あり ↓ 葉先の小さな傷です。(念のため)

PA160037


もう1本は中斑気味の色気たっぷりな木。
こちらはこの春の鉢上げ苗です。

PA160043

羆風の柄がナイスです。
以前に「建国殿S」として販売した芸と同じですが、
なかなかここまで綺麗に出てくる個体は少ない。

いずれも根は泥根です。

なかなかルビーにはなりません。

ただ、先日来園されたお客様が当園で買った同じ実生木がルビー根になったと仰っていまいた。
なかなか珍しいケースだと思いますが、棚が変わって中には出てくることもあるようです。

ひとつ問題なのが、縞も中斑も芸を継続させるのが難しいということ!

私的にもどうしたら一番うまくいくのかと考えますが、
なかなか思い通りには行かないものです。

こちらの2本は通販サイトへUPしますので、よろしくお願いいたします。

この夏の猛暑で風蘭を痛めた方が多いように聞いています。

前の記事で書きましたが、当園では培養室が被害を受けました。

先日、友人が訪れて夏に痛めてしまったと「覚王山」も持ってきました。

もう5~6年作りこんであるので、かなりの大株!

その内の子2本がやられたとのこと。
すでに外して持ってきました。

ヤフオクにでも代理出品して欲しいと頼まれましたが、
今回は通販サイトへUPするようします。

PA160023

こちらは葉が少し・・・。

PA160026

こちらは、ちょっとかわいそう・・・。

下葉も1枚落ちてるようです。

上が行っちゃってるわけではないので、どうにか行けると思います。

個別にUPするのも何なので抱き合わせで一緒にしてUPします。

値段は任せられていますが、あんまり安いのも気の毒なのでどうしようかと・・・。

元々の親がたてのいい上物だったので、案外子吹きもよいようでした。

この子らも悪い木ではないので、ジックリ作り直せば、いい木になると思います。



出品するのは、「玉金剛の縞」です。

確か前にも出品したような覚えがありますが・・・。

PA160007

親にもちょびっと出てきましたが、

PA160004

子が良くなって出ましたので、行く先とても楽しみな1本です。

UPは明日17日(水)あたりになると思います。
終了は日曜日の夜までとします。

どうぞよろしくお願いします。

【大聖海*大無双】

PA100026


PA100011

いずれも思惑通りには行かなかった例です。
本当ならば大無双の容姿に大聖海の柄(芸)を期待しました。
つまり黄虎で出て縞が出る柄です。

1枚目の木は容姿こそ大無双風になりましたが、最初は青でした。
その後、虎では無くいきなり縞が出てきましたが、上からまた青葉に戻ってきました。

2枚目の木は容姿が「紅無双」タイプです。
よ~く観察するに・・・羅紗は抜けてしまっているようです。
こちらも黄虎は拝めずにいきなり縞で出ました。
柄がいいので今年出しの中では一番目を引きます。

今回の交配では、黄虎だけの苗もできていますので、
次回にはUPしたいと思います。

【松の誉の縞】

PA100022

今では殆ど見向きもされず埋もれてしまった感の強よい「松の誉」です。
交配モノです。

【天の川*翠華殿】

PA100030

数年前からの人気品種です。
未だ花は翠華殿の花が咲く個体は出ていません。

柄は初夏のころに冴えてきます。
この季節は落ち着いていますね・・・。

【玉聖の縞】

PA100039

芽だし当初は上柄でしたが、鉢上げする頃には青になってしまいました。
子に柄があるので、追々いい木にはなってくれると信じています。

【寒霞渓*青海】

PA100013

綺麗に晴ぜてます。

珍しく本数立ってますので、見ごたえのある木になると思います。

「玉聖」の黄虎と決定的に違うのは、こちらは縞が期待できないという点です。

あと、観察していると、こちらのほうが大きくなります。

少し葉も長くなってくるようで、その辺りは「寒霞渓」の影響かな?と思います。

簡単に言うと(容姿的には「青海」と「大波青海」の違い)なんて感じでしょうか。

まあ、5~6年は作ってみないとわからい部分ではありますが・・・。

以上、6点は本日中に通販サイトの方へUPしますので、
よろしくお願いいたします。

何かご質問等ありましたら、遠慮なくどうぞ!

※ 秋の通販に出品する苗は、基本的に植え替えはしませんので、
  苔が若干汚れています。
  気になる方は植え替えても構いませんが、
  春からの養分をたっぷり浸み込ませてあるので、
  極力来春まではそのまま作ってください。
  (更にもう1年くらいはそのまま植え替えずに置いてもいいくらいです。)

この夏の酷暑は厳しかったですね~。
木を痛めた方も多いように聞きました。

当園では培養室の温度がかなり高くなってしまって、
来年出すはずの苗が3分の1程度ダメになりました。

農家などもそうですが、植物を栽培していると
何年に一度かは何かしら自然の猛威で被害がでます。

3分の1はチト厳しい数字ですが、
ここはさっさと気持ちを切り替えて行こうと思います。

さて、話変わって・・・

先日の台風で静岡県内は「平成の大停電」と言われるほどの停電状態でした。
あれほどの強風は過去にもあまり経験がなく、恐怖をおぼえました。

皆さんのお宅などは大丈夫でしたでしょうか?

我が家の被害は比較的軽傷でした。

一棟ビニール温室のビニールがボロボロになりましたが、
まだ気温も高いので寒くなるまでにぼちぼち修理するとします。

一部雨どいも吹っ飛びましたし、隣地で建設中の仮設トイレも吹っ飛んできました。
ちょうど飛ぶ瞬間を目撃しましたが、チトびっくりしました。

今週末はまたぞろ同じような台風が向かってきているので、
これ以上は勘弁してほしいデス・・・。

さて、通販も今月から再開する予定でしたが、
そんなこんなでちょっと出だしをくじかれてしまいました。

今度の台風が過ぎ去ってからでも再開しますので、
またよろしくお願いいたします。

いつも通り今年の春出しの苗がメインになりますが、
おもしろそうな苗もあるようです。
楽しみにお待ちくださいませ。






短い梅雨が明けてしまい、急に気温が上昇してきました。

西日本の豪雨に見舞われた方々にはお見舞い申し上げます。
棚に影響が出た方もいらっしゃるかもしれませんが、
お体大切になさってください。

通販は今月下旬までやるつもりで、
商品も植え替えて準備もしていましたが、
安全を優先して一足早い休業に入ります。

夏の間は温室内も40度になるので、
店頭販売も控えます。

通販の再開は気温をみながらとしますが、
例年通り10月に入ってからになると思います。

また秋に面白苗をお届けできると思います。
よろしくお願いいたします。

皆さんには夏バテなどなさらぬようご自愛くださいませ。




P7110004

かなり小さな苗ですが花が付きました。
ちょっと驚きです。

やはりかなりの個体差があるんだと思います。

10日ほど様子を見てましたが、最終的に中途半端に花弁が開いてきました。

さて、中は???

P7110003

やっぱり何もない「空洞」でした・・・。

秋には通販へもUPしますので、よろしくお願いいたします。

風蘭の実生を続けていると本芸とは全く異なる芸が出ることがありますが、
何故か急に羅紗が出てくる場合があります。

豆葉には時々出ますが確率的にはコンマ数%だと感じています。

玉金剛や松の誉などにも(セルフで)出た経験があります。

今回の「玉聖」は全くの初めて!!!

P5310007

P6050002

1枚目は既に黄虎出てきています。
やや容姿が?ですが、個人的には成長すれば青海型になるんじゃないかと思っています。

青海の羅紗地+虎 その後に縞でも出れば、超超1点ものであります。

2枚目はかなりの小型サイズ。

容もいまひとつ青海型とは言えないような雰囲気もありますが、
これもまた「玉聖」の同じ種から生まれた1本です。

実生って何年やっても変なものが生まれてくるので面白い・・・。

昨年の秋の記事です。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://surugataian.blog.jp/archives/72969161.html

記事の後ろのほうの木ですが、結局売れ残っていましまして、
この春を迎えています。

やはり子にも縞が出てきました。ちょろっと・・・

P5310016

こういった縞がちょろちょろと出て、いずれは・・・!!!
と期待したいですが・・・。

こちらの木は通販サイトへUPさせていただきますので、
よろしくお願いします。





↑このページのトップヘ