芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

P6220011

ご覧のとおり派手派手の小苗です。

これでも鉢上げ後3年の月日が経過しています。

派手すぎて一向に成長できないタイプでありますが、この品種派手でも枯れません。

お勧めは写真のように寄せ植え管理すること!
これ案外重要なポイントです。

できれば、5000倍くらいの液肥をせっせと与えてください。

1万倍程度にして水やりの度に与えるのも有効です。

いつか緑素が出てくるはずですから、辛抱強く待てる方にお勧めしておきます。

せっかちはいけません・・・

それでは1苗づつへ寄った写真も載せておきます。

P6220007
P6220006
P6220005
P6220004

このセットは通販サイトへUPしておきますので、よろしくお願いいたします。

P6190004

昨年の春出しの「曼珠沙華」セルフです。

1年で花が上がってきた珍しい1本です。

流石に線が細いので、慎重に作るにはこの花は落とすべきかもしれません。

ただ、この木はヤフオク出品いたしますので、花は証拠に残して出します。

今年咲かせてしまうと、来年は咲かないかもしれません。

もし咲かせるようなら、秋口にもたっぷりと施肥してあげてください。

出品終了は25日(日)の21時ごろです。
よろしくお願いいたします。

「お待たせいたしました・・・

になるのでしょうか・・・?

昨年好評だったコンタミ発生苗がまた出ました~。

この時期には珍しいです。

概ね夏真っ盛りの暑い時期に出やすいのですが、
この時期としては、作業ミスかな・・・

さて、時期的にはギリギリボトル出しに間に合う時期なので、
思い切ってボトルのまま販売します。

通常はボトルの発送はしていません。

何故かというと・・・小さな豆葉苗は輸送中に瓶の中で培地から抜けて転がるからです。

まあ、今回は格安のコンタミ苗ですので、万が一転がっても文句無という条件付きです。

案外、カビが張り付いていると抜けませんが・・・。

今の状態は ↓ ↓ ↓

P6030086

P6030084

P6030083

まあまあ出しても作れる大きさではあります。

もちろん実生に慣れた方でないと難しいですが・・・。

P6030082

大きさもだいたい想像してください。

これ1本のみですが、送料込みで2万円で販売します。

通販サイトへは掲載しませんので、もしご希望でしたら、メールでご一報ください。

※ 注意点

ボトルから出す場合はカビにご注意ください。

恐らく苗を出そうとするとカビが舞い散ります。

マスクなどを装着してカビが舞っても安全な場所で作業してください。

根にもカビが付着していますので、綺麗に洗い流すこと!

10本ほどの苗が入っていますので、寄せ植えで管理すること。

気温が高くなる前にシッカリ施肥しておくこと。

P6030049

↑ の2本は同じ種から生まれた兄弟木です。

長葉の木は黄縞です。特段金牡丹の芸ではありません。根も泥根です。

P6030054

豆葉は「青海風」の容姿です。

金牡丹交配らしく色素の濃い木になっています。

P6030060


うまく行けばこれに縞が出ますが、まあ確率は玉聖の青から縞が出るよりうんと低いです。

でも出ると白縞(親の金牡丹が白縞なので)が出たりしますので、
楽しむ価値が十分あります。


P6030019

舞鶴交配で長葉になってしまった個体から、豆葉っぽい子が出ています。

柄が派手派手なので外せずに置いてありました。

しばらくはこのまま作り込むのをお勧めします。

実際には成長して葉が伸びる可能性も0では無いと思いますが、
なかなか面白い1株です。

P6030069


随分と前に掲載した記事「マルモ」・・・。

記事中のリンクが変になっているので、念のため書いておきますが、

「マルモ」とは・・・

私も?です。

お客さんが種木にとプレゼントしてくれた「何かと何か」の交配種F1です。

お客さんはホームセンターかなにかで手に入れたようですが、
札に「マルモ」とあったようです。

恐らく何かの交配種だろうということでF2を試してみたら、
豆葉が出来ました。

中に縞が出てくる個体があったので、どこかの実生屋さんが豆葉と縞木を交配させたものじゃないかと・・・。

もうすっかり実生もしていませんでしたが、何年か放置してあった小さな木に変化がありました。

P6030075

P6030076

中透け風に縞が出てきています。

P6030071

面白いことに子にも全く同じような芸が出ています。

ムムム・・・。

これは何か面白い予感がします。

なかなか大きくならない木ですが、柄が楽しみです。

珍品好きな方に作り込んでいただきたい1本です。

できましたら、数年後どんな木になったかご報告いただければ嬉しいです。

P6030027

20年近く前からずっと目指しているのが「豆葉の白縞」ですが、

来年あたりは少しばかりいい結果が出そうです。
来春苗はもっか培養中ですが、何本かいい白縞が出せそうな気配です。

さて、写真は昨年の鉢上げ1作苗です。

無双丸系統の種木に「織姫」が入れてあります。
もちろんF2です。

少し気配があったので置いておきましたら、子にいい柄が出てきました。

無双丸系統にしては羅紗が無いようです。

「紅松」風の容姿です。

こちらの木は通販サイトへUPしておきます。
よろしくどうぞ!

↑このページのトップヘ