芳香風蘭無限彩Ⅲ

実生・富貴蘭の専門園 「駿河待庵」 のブログです。 

通販用のサイトは http://surugataian.ocnk.net/ となります。

お問い合わせメールは surugataian@sage.ocn.ne.jp までお願いいたします。

ヤフーオークション出品中の商品はこちらへ!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/fugaku0713

今年もご覧いただきまして、ありがとうございました。

例年通り、冬場は通信販売は休業します。

再開は来年の5月下旬ごろと思います。

夏場に発生した大量のコンタミの影響で来年の苗はかなり少なめです。

何故かいいモノからカビが出ましたので、売り物はとっても少なくなりそうです。

来年の商売は、ほぼほぼ諦めました・・・。

しょうがないので再来年用の移植(この秋に種を撒いた分)に精を出すつもりです。

こっちは新種がいろいろ揃っているので、頑張り甲斐がありそうです。

先日から急に冷えてきましたが、皆さん体調管理には十分お気を付けください。

実生苗の冬越などご質問がありましたら、遠慮なくメールしてください。

少し早いですが、良いお年をお迎えください。







早いもので今週末には師走の訪れです。

今年もご贔屓いただきまして、誠にありがとうございました。

今回のUP品が今年の最後の通販UPとなります。

最初は「玉金剛の縞」を2品。

PB270001

ヤフオクにUPしようとしたのですが、
以前と勝手が違って、面倒になってしまいましたので、
そのまま通販へUPします。

1本は、ちょい柄の苗。
春出し苗なので確定ではないのですが、
現状では青軸に見えます。
(玉金剛は泥軸ですので、青軸青根なら面白い)

PB270007

もう1本も親はちょい柄ですが、子が良くなりそう!

PB270010

次は以前にも何回か掲載してきました、
「金牡丹白縞*青海」のF2苗。

PB270016

2本ともに黄虎の状態です。
ここから白縞が出るかどうか?ですが、
出れば相当に運がいいといえます。
(縞の確率は玉聖の黄虎よりも圧倒的に低い)

PB270022
PB270026

この交配種、どうにも変な癖が出てしまう傾向にあります。
苗の初期段階で凝ったような体になってしまう事が多いです。

こんなんを「玉聖」として売っている業者さんもいるようですが、
ちょっと注意が必要です。

低確率とはいえ「白縞が望める」という意味では個人的に好きです。

お次は、玉聖の縞です。

PB270028

1本は完全なる縞個体です。

PB270033

お客様から取り置きを依頼されていたのですが、
キャンセルが出ましたのでUPに至りました。

元々かなり派手な個体ですが、上から落ち着いてきた縞になっていますので、
この冬を乗り切れば来年はいい柄になるのではないかな???

PB270039

もう1本は黄虎と見ていましたが、上から縞っ気が・・・。

黄虎に縞気配は珍しいので、今後が楽しみですが、
こういった縞は幻のごとく消える場合も多いので、
その辺りも計算に入れてください。

以上、6点が今年最後のUP品となります。

暮れは何かと物流が混乱しますので、
12月の7日辺りで通販サイトも〆たいと思います。
よろしくお願いいたします。

先日、専門店の方が来年のカレンダーを持ってきてくれました。

「黄玉聖」がデカデカと掲載されていました。
あれだけ引き伸ばされた写真を見ると凄いですね・・・。

驚いたのが「紅無双の虎」が載っていたことです。
なかなか上手に作りこんでありました。

この品種については、前にも書きましたが、
ダメにしてしまう方があまりにも多かった・・・。

どうにかしてもっと丈夫な品種に改良しようと思い立ち、
大聖海との交配を試作しました。
簡単に書いていますが、10年計画の試作です。

この春鉢上げした品種に「大無双」と「大聖海」の交配種がありますが、
それもその試作品の一部です。

多重交配ということになるので、
様々な個体が出来上がりました。

全体的な傾向として、羅紗が弱いという感じです。
弱いというよりは殆ど無いに等しいくらいかな?

PB170012

それぞれ特徴のある苗を4鉢揃えてみました。

まずは、紅無双の虎タイプ!

PB170017

無双丸の虎タイプ!

PB170022

同タイプですでに縞が少し流れてきている苗も ↓ ↓ ↓

PB170028

あと「青」ながら既に縞だけ出ているタイプなど、いろいろ出ました。

以前の無双丸虎や紅無双の虎と決定的に違うのは、

「大聖海」の柄を引き継いでいる個体は縞が出てくるという部分です。

現状、黄虎でもいずれ縞が出てくるとなると楽しみ倍増です。

まあ、これは「黄玉聖」も同じことが言えますが、
確率的には、1割か2割程度かな?と考えています。

話は変わって・・・

PB170004

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 「十二単」交配の縞です。

以前にも掲載しました。

なかなか容姿が決まらなかったので、何回か十二単の花粉で戻し交配かけてきました。

ようやくここまで来ましたが、それでも個人的にはイマイチかなと・・・。

どうも本ちゃんのように「シュッとした」というか「凛とした」というか
(表現が下手ですみません・・・)

本来の容姿に決まらないのが若干悔しいですね。

でも数は出来ていないので、まあ希少品ではあります。

この先作りこんでどう変化していくかは、作り方にもよると思いますが、
極力明るめに作って、締まった木に育ててください。

以上、5点ほどが新しいUP品となります。
実際のUPは明日以降になると思います。

今季もそろそろネタが尽きてきましたが、
もう少し頑張って面白い苗が無いか探してみます。

よろしくお付き合いくださいませ。

それではよい週末を!!!

前にも書きましたが、今年は培養中のボトルにカビが大量発生しました。

なんでしょうか?????

暑さだけではないように思います。
原因を究明しなければ・・・です。

こういったことは時々起こりますが、そのたびに実生作業が嫌になってしまいます。
今年は今までになくひどい年でした・・・。

昨日も新たに被害苗を見つけてしまって、ぎゃふんとしました。

それも一番大事にしていた苗です・・・

泣きたいな~~。

しかたがないのでボトル出ししました。

PB140006

↑ 無双丸の白縞です。

最高の上柄です。

こんなんめったにお目にかかれません!!!

春まで培養で来たら、一回りは成長したでしょうが・・・。

PB140001

↑ 轡の大聖海芸です。

こりゃ小さすぎて春まで持つか??????

でも、まあめげずに培養作業を継続しますです・・・。


さて、本日も通販の方へ少しだけUPさせていただきますので、
ブログにも掲載しておきます。

PB140008

玉童に大聖海を掛けてみたものですが、あまりいい木はできませんでした。
中でもこの1本だけが綺麗に晴ぜそうな雰囲気ですので、
UPさせていただきます。

まだ春出し半作苗なので陽を採ってません、来年からは採光強めに作れば、
玉聖同様に黄虎冴えてくると思います。

運が良ければ縞も!!!

PB140017

もう1本は、こちらも「大聖海」絡みですが、相手は奄美の豆葉です。
いまはまだ小さい苗ですが、どこかで木に勢いが付けば、
奄美独特の大型な豆葉になります。

虎に出てすでに紺縞が少し見て取れます。
なかなか渋い縞ですが、面白い木になると思います。

PB140023

こちらは、「松の誉」の交配種の縞です。
地味~な柄が親、子にも出ています。

PB140024

PB140025

PB140026

PB140027

殆どが摺り斑のようなチョイ縞ですが、
これだけ親子にそれぞれ出ているのは珍しいです。

個人的には、こういった傾向がいずれは覆輪に大化けするような気がしてなりませんが、
長期スパンで遊びながら作るには面白い木だと思いますが・・・。

「松の誉」は上の木以外にも1本UPしておきますので、
よろしくお願いいたします。



今年はいつまでも暖かでのんびりしてしまいますが、
そろそろ冬の準備もしなければなりません。

通販もあと何回UPできるか・・・ですが、
できるだけ頑張ってUPするようにします。

さて、今日準備したのは4点です。

1点目は「派手派手・覚王山」です。

PB130007

鉢づくり4作目に入りましたが、一向に成長しませんで・・・
こういった木を作れたら実生木の作に自信が出るんですけど・・・

2点目は「玉聖の虎」です。

PB130010

全国大会に出品された「黄玉聖」と同じ品種です。
専門店の方の話では来年のカレンダーにも載るそうで、
「宣伝になるな~」と言われちゃいました・・・。

まだ半作で陽を採ってませんが、炙るとすぐに晴ぜます。

出品作品のような木にするには5~6年作りこむ必要があります。

3点目は「花纏の縞」です。

PB130022

一応書いておきますが、今春のボトル出しなので当然花は未確認です。
今のところ同じメリクロン栽培の「青」からは咲いているようなので、
この木姿からすれば咲くと思います。

PB130020

幽霊子が付いてます。
いつ溶けるかと見ていましたが、今のところ持っているようです。
少し上から緑素が出てきたようにも見えますが・・・。

4点目は「奄美の縞」です。

PB130032

昨年のボトル出しで鉢作り1作になりました。

個人的には、中透け気味だった子が気に入っていましたが、
柄は散ってきましたかな?

PB130027

この木の悩みどころは、
日に日にでかくなる「青の子」をいつ外すか?????というところです。

もうすでに親だったはずの柄の芽が徐々に埋もれてきてしまっています。

外したくとも派手すぎて(怖くて)外せないという部分で考えると、
もう1~2年はこのままかな・・・???

「青」に助けてもらっているという側面と「青」に成長を持って行かれているという側面とあると思うので、
そうなるとどこかで決断しなければなりません。

いや難しい・・・




タイトルの組み合わせで、今年最高の無双丸白縞が2本だけできましたが、
小さかったので、鉢上げを1年見送りました。
来年は成長していると思いますので、お楽しみに!!!

PA310039

この3本は、同じ交配の同じ種からできた長葉の白縞です。

単純に「織姫」に帰ったと思うかもしれませんが、
そうではありませんで、なかなか面白い木になっています。

PA310042

PA310044

ラベル「A」の木は、しっかりと軸に泥が入っています。

PA310050

ラベル「B」の木は、恐らく青軸でしょうが、巾のあるボリューミィな木になりそうな予感がします。

PA310053

ラベル「C」の木は薄い泥軸のようです。

PA310059

中斑気味の美しい子が付いています。

いずれも実生の種木には最高の1本になると思います。

もし、実生にチャレンジする方がいるようでしたら、
こういった木をセルフすると手っ取り早く結果が出ます。

「この木を実生したら同じような長葉が出るのでは?」とよく聞かれます。

ところが面白いもので、この木にも「無双丸」の血が確実に流れています。

なのでこの木を実生すると無双丸の白縞が出てくるのです。

ただ確率はかなり低くなります。

恐らく1000本培養して1本あるかどうか位でしょうか。

まあ、そんなことを書いても最近は実生をやろうという方もいなくなっちゃいましたけど・・・。

上の3本も通販サイトへUPさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。

「玉聖」じゃあ無いのですが・・・。

当園の隠れた人気交配種「縄文の光*青海」です。

玉聖ほどには虎がハッキリ出てきません。
というか黄虎を出すにはすこぶる年数が必要です。

かなり極端に陽を採って気長に作り込む必要があります。

縄文譲りの比較的綺麗な根が出るのが特徴です。

「玉聖」の黄虎と見比べて作るのも面白いと思います。

PA310023

この木は9本程度は立っていますので、上手く作れば見ごたえのある株になるでしょう。

こちらの木も通販サイトへUPさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。

今回ちょっと面白い「奄美の豆葉」ができました!!!

PA310018

ちょっと写真だと分かり難いかな・・・?

中斑芸が面白そうです。

実生のこういった芸はなかなか継続が難しいですが、
このまま行けばかなりインパクトのある木になるかと思います。

PA310019

元々の交配は「奄美の豆葉」*「金華山」であります。

当然、縞を狙った訳で、少しは縞もできるのですが、
今回の木は特殊芸ですね~。

元来、奄美系は変な癖があるので、実生屋は面白がって種木に使ってきましたが、
しつこく交配していけば、何かもっと面白い木ができそうな気がします。

こちらの木も通販サイトの方へUPさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

少し前に「玉金剛の縞」をヤフオク出品するように記事に書きました。

PA310009


自分ではすっかり出品したような気になっていましたが、

お客様から申告を受け、出し忘れていることに気付きました。

申し訳ありません・・・

数日中に出品するよういたします。

よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ